復活?

およそ1年ぶりの更新


 この1年は結構いろいろなことがあったけど、WoWで日本初のラスボスKillってのを先日達成。長すぎるGameライフの中でほんと頑張った(w 一応結果が出たので苦労も報われたというところか。


 んでなんで復活したのかというと、復活を望む人が数人いたから。まぁ何がおもろいのかわからんけど、俺も「たまには書くかな・・・」と思ったので。


 復活第1弾は悩まされ続けているマウスの話でも。


 過去最高に使い勝手が良かったのがロジクールのMX1000。1万くらいするマウスで10ボタンかな・・・ WoWをしていてスキルを割り当てたい俺は5ボタンでは満足できん。持った感じ、クリック感、どれをとってもこのマウスがベストだった。ただ唯一不満点があって、無線てところ。無線便利なんだけど、ここ一番で電池が切れてたりすると、サブの5ボタンを使うわけだがもうへろへろ。こまめに充電していれば良いのだが、性格的にそれができなかった・・・ すでに生産終了でもう手に入れることができない。この後継機のRevolutionではミドルマウス近辺がなくなってしまったのとサイドボタンがなくなってしまったのが痛い。ここからマウス選び地獄は始まった・・・


 そこで買い換えたのがMSのHabu。Razorとの共同開発ってことで形はかっこいい。ボタンも7使えるし、有線ってことで買ってみた。悪くはないんだがつくりに問題があって、ミドルボタンの下の2ボタンが引っ掛かって戻らなくなることがしばしば。あとPCを再起動するたびに設定ソフトが狂って、いちいち戻さなくてはいけなかった。サイドの2ボタンも位置変更可能にする、着せ替え用のボタンが付いてくるんだが、慣れてしまうと変える意味が全くなくなることに気付いた(w 青く光ってカッコ良いんだが、最後のツメが甘い感が漂うマウスだと思う。


 んで満を持して出たのがMSのSidewinder。出た日に買った(w 10ボタン・有線・重さを変えるウェイト付き、デザインもメカニカルでかっこいい。Webで見る限り・・・ そしていざ使ってみると・・・これは不良品ですか?売りの10ボタンが実は解像度変更に3ボタン、マクロ登録に1ボタン専用で、あとわけわからない専用ボタン1となっているので実質5ボタンだった。しかも狂ったように大きくて、一番軽くしても重い(w 無駄にでかいだけで、いらない機能満載、しまいには右クリックのボタンの戻りも悪い・・・ 開封して30分でクソマウス確定。無駄な買い物をして落ち込んだ・・・たぶんこれ愛用している人っていないと思うくらいひどい製品だと思う。


 そして昨日またマウス買った。SidewinderでWeb買いはやばいと思いつつも、日本人専用・8ボタン・軽いという広告に踊らされて・・・ Dhamapointというマウス。そして開封。最初設定すらできなかった(w 「またやっちまったか・・・」と思いつつ設定完了。GameするたびにMode変更が必要なんだが、これ結構いけるかも?軽いし、クリック感も良好。コードも安いマウスについている布で覆ったグニャグニャなやつで、引っかかりがなくていい感じ。ユーザーライクなつくりは好感が持てる。惜しむらくは解像度変更ボタンもプログラム可能にしてくれればよかった。


 マウスとは別でゲーム専用キーボードのWolfkingWarriorというのも買った。これ一般人が見たら「アホだなお前・・・」というくらいGame専用。要は左手で使うWASDを中心に手のひらに合わせてキーが丸く配置されているというもの。Ducaが以前からお勧めって言ってたんだけど、思いきれずにいたんだが、Arena頑張ろうって話になって購入。これはいい(w 最近買ったパーツの中では一番重宝している。これもちょっと外人向けなのかな?Wボタンが押しにくいが、左手でスキルをいろいろ使えるってのは便利。


 人それぞれお気に入りのインターフェース機器はあると思うけど、お勧めあったら教えてね。


 

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク