Turbo化(w

 ランニングをしていると、妙にテンポがはまる曲がある。なかなか無いんだけど、たまにそういうのが来ると、当たりを引いた気分になって嬉しい(w 今までで一番ハマったのはSuperflyの「愛をこめて花束を」。要は曲のテンポと自分のランニングのペースがシンクロするので、曲に乗って走れるというわけだ。


 これを調べてみるとやはりあった!BPM(BeatPerMinutes)というらしい。1分間に何回リズム打つかという話だ。ランニング初心者は150-160bpm、中級者は168前後、上級は175とか。まぁでもこれは個人のペースの問題だから、自分に合ったBPMを探せばいいってことだ。


 そこでまず手持ちの音楽のBPMを計測。BPMAnalyzerというソフトで測れる。すると「愛をこめて・・・」は162bpm。俺はたぶん162の曲ではまるということらしい。また聞々ハヤえもんというソフトを使うと声質は変えずに曲のテンポだけ変えることができるので、希望BPM÷オリジナルBPMででた数値をハヤえもんの再生速度に入力することで、すべての曲を希望BPMに変換することができる。これを利用して168bpmの曲を50分ぶん作った。曲の好き嫌いは置いといて、とりあえず160前後の曲を全部変えてみた。そしてこれを聞きながら走ってみた。


 エンジンの回転数は普通rpmだがbpmはランニングで言うところのrpmと一緒。その回数、足が回転してるから(w 普段162bpmの俺が168bpmで足を回転させると・・・すげー速い(w しかも無理やりこのテンポに合わせている、つまりターボが掛るわけです。おかげで息継ぎのタイミングが分からない。心拍数は156で無理っちゃー無理なはずなんだが、どうにかこうにかついて行けそう。心拍数は1キロ平均156-158とかなり高めながらも、10キロくらいは走れそうな感じ。結局7キロ走ったんだが、普段1キロを6分40秒前後のはずが、ターボかけると6分5秒(w それでも6分切れていないのはショックだったけれど、これをもうちょっと煮詰めれば10キロを1時間きることもできそうな予感。


 まぁちょっとネタ気味な話だけれど、実際面白いからランニングしている人はやってみてもいいかもしれない。ipodだとbpmをitunesに自動で書き込めるらしいので楽ちんっぽい。俺Walkmanだから無理だけど・・・

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク