夢でうなされる(禁煙1ヶ月)

 夢の中でタバコを吸ってしまい「やべー吸っちゃったよ!」と思ったら目覚めました(w しかも2日連続・・・ 今まで禁煙しては1日で挫折してきた私が、今回は本当にこのまま止めてしまいそうなところまで頑張ることができるのは、偏に心拍計のおかげでしょう。


 よく禁煙は最初の3日・一週間がつらいというけれど、私の場合はランニングへの気合いが入っていたので、そこはつらくなかった。どちらかというとここ最近、夜テレビやDVDを見たりゲームしているときが無性に吸いたくなる。そのいらだちはお菓子にとってかわり、体重は71キロに・・・ 禁煙で太るというのは当たっている。さらにこのところは、10キロ走ったくらいじゃ体重が落ちないので、増加の一途をたどっている気がする。でも、誰もが禁煙で太るわけではなく、我慢する部分をちょっと甘く見ていたかな。その緩さが禁煙成功のきっかけにはなっているけれど、もういい加減食べるのもやめないとまずい。


 1か月の禁煙で良かったことをちと考えてみよう。


1.身の回りがきれいだ。ながら族だけに喫煙しながら仕事・運転・ゲーム・テレビは当たり前だった。極端な場合、手が離せなければ灰がそのまま床に・・・ これがなくなったので机の上がいつもきれいになった。車の中もえらくきれいだ。埃が目立つぜ(w


2.持ち物が減った。日常の備品として、財布・携帯・たばこ・ライターがあったものが、たばこ・ライターがなくなっただけで劇的に身軽になった。


3.心肺機能が上がった。これは劇的に上がっている。特にわかるのが瞬間的な回復力?たとえば坂道を登って息が切れたときに、そこから落ち着くまでの回復力が格段に良くなっている。ランニングで言うと、ペースが上がりすぎた時に、調整しやすくなっている。また変な痰が出なくなっている。


4.無理に気を使わないでいい。これは今の時代だからだろう。喫煙場所探すとか周りをいかに気にしてタバコを吸っていたかがよくわかる。会合などで休憩になると喫煙所に人が集まってモワーっとなっているのを見るとつくづく思う。まぁつい最近までそのど真ん中にいたんだけど(w


5.匂いに敏感になった。いいのか悪いのかわからないくらい匂いに敏感になった。もともと嗅覚は敏感な方だと思うのだが、自宅でもいろいろな匂いに反応してしまう。また自分の服に付いた匂いとかも気になって仕方ない。ランニングし終わってストレッチして、ちょっと歩いていたりするともう自分の汗の臭いが気になる。もともと体臭は無い人間なんだが、まさか加齢臭か?(w


6.金銭的に楽になっていくはず。日に2箱は吸っていたから単純に18000円くらいは浮いているはずだが、マラソングッズにとてつもない投資をしているのでかえってお金使っている(w


 まぁ他にもいろいろあると思うけれど、禁煙して良かったか?と自問してみると、現状微妙(w 確かに運動しているときなどはつくづく良かったぁと思うんだが、あの何となく吸ったタバコが恋しい。私の中に禁煙=悪という図式が無いからかな。でもまぁ吸えと言われても、この我慢してきた時間がもったいなくて、もう吸えないかな(w

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク