ランニングの際の携帯品

 以前は走る時といえば、家の鍵しかもっていなかったし、水が飲みたくなったら公園の水をがぶ飲みしていた。でも今はランニングに出るまでの準備が忙しい。「そこまですんの?」というくらい手間がかかる。まぁ今はそれすら楽しいわけだが(w


 頭の上から行くと、帽子(頭というか耳が寒すぎるのでニットキャップみたいなやつ)・心拍計のセンサーを胸に巻く・手袋(寒さ対策)・靴にはセンサー(スピードと距離管理)。これにウォークマン・小銭・鍵などなど。以前はパンツの小さいポケットにウォークマンを入れて靴につける小銭入れに鍵と小銭を入れていたのだが、チャカチャカ音がするのと、靴ひもに良くないというかほつれてしまったこと、また最近は靴ひもの締め方が気になるのであまりつけたくないというのがあって腰に巻くポーチに小物を入れるようにした。このポーチも「なんでそこまでめんどくさいことして走るのかな」と以前は冷ややかに思っていたんだが、買って使ってみたら、ウエストバッグと比べ非常に小型で軽いために、腰につけている感がほとんどなく、余ったひももきちんと収められるように作られているため非常に便利。まぁなんでも試してみればその価値がわかるって事で(w


 レースも終わって、心のゆとりもあるので、ランニングもさほど無理するでもなく、それこそマイペースで楽しめている。膝が痛い踵が痛いと言っていた頃が嘘のようだ。ひと月前には不可能と思われたキロ6分以内のペースも、その気になればできるようになった(ただし心拍数はまだまだ高い)。そろそろ本気で次のレースを考えようと思う。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク