マラソン

それまでの健康管理・・・


子供のころから体育は得意だったが、マラソンだけはだめだった・・・ 高校時代は4k走るというマラソンの授業をさぼりまくって成績もひどかったくらい。


大学卒業のころ体重は72kgくらい。健康管理は全くしていない。


会社員になりエンデューロに目覚め、優勝すると決めて気合いを入れたころ、禁煙・カロリーコントロール・マラソン・筋トレ、全部やって(今思うと我ながらすごい・・・)体重63kg、1時間くらい全力疾走できるんじゃねかというくらいの健康優良サラリーマンになる。


27で結婚。「あんた私の料理が食べれないの?」攻撃と、会社の賄いに我慢できず、食いまくりでぶくぶく太りだす。30才くらいのとき体重80kgに・・・ジーンズを買いにいったら、「お客様はこちらのコーナーへ・・・」とデブコーナーに連れて行かれショック死しそうになり、ダイエットを敢行。カロリーコントロールのみで半年で15kg減量(w 一般の人のコーナーに戻ることができた。


36くらいのクリスマスの朝、起きたら激痛で体が動かなくなる。変な姿勢でWoWしていたらヘルニアGet(w これ以降一切の運動を拒絶し、体重72kgで現在にいたる。


今年の夏に同業仲間で富士山に登ろうという企画が持ち上がるも、ヘルニアを理由に(Raidもあったし・・・)不参加。この富士山組が何を血迷ったか「ダメもとで全員11月にマラソン参加(強制)」という話をしだし、断固反対の意見を出したが多数決で負ける・・・ 湘南国際マラソン10kmに参加するはめに・・・ 


出るからには恥ずかしい結果は出せないということで、エンデューロの頃に買ったナイキのランニングシューズを取り出し、運動を始めることに。8月は2週間歩くことから始めて2週間ジョギングで行こうと決めセコセコ歩き出す。1時間くらい歩くともう汗びっしょりでちょっと健康になった気がしたが、気のせいだったことにあとあと気づく・・・ ジョギングを始めた途端、ヘルニアで悪くした左足に激痛。次の日には左ひざが痛くてしかたなく、まともに歩けず・・・ 走るどころではなく、歩くこともままならず整体院に駆け込む。


この整体院、整体治療だけでなく体のメンテナンスまでフォローしてくれるのだが、ここで今の体の状況を診てもらった。すると左足はもう筋という筋がコチコチにこわばっていて、そのせいで体全体のバランスがガタガタらしい。立位体前屈とか全くまがらなく(これは人が見たら笑いだすレベル。L字にも曲がらない


そのせいで走っても足が前に出ない。足の向きが前を向かず外に向いてしまうなどなど、デブコーナーに連れて行かれて以来の衝撃的な内容だった。とりあえずマラソンの練習以前に人間らしい体になることが先と判断。柔軟体操しまくり、筋トレちょっと(キツイし・・・)で徐々に体は楽になり始める。


んで今現在。足は普通に動いていそうだが、疲れが抜けないかな?しかしこの1か月でそれなりの投資をしているのでもう後には引けない!(笑 さて11月どうなる事やら・・・


7/31 72kg 9/12 69kg

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク