etrex30について 機種の違い

スポンサーリンク




etrex30は旧機種となっているためこの記事は参考程度にお願いします。

 このブログはアクセス数も少なめで、私の知り合いくらいしかやってこないと思っていたが、最近アクセス数が微増していますw 人気の記事はetrex30のようで、このetrex30自体、情報があふれているようで実質的には決定打となるblogが無い為だと思われます。
 以前の記事もちょこちょこ手直しをしていますが、根本的に私が勘違いしている部分もあり、せっかく来てくれたのに難解かつ適当過ぎる記事ではまずいかなと思い書き直そうと思います。大筋は合っていると思いますが、細かな検証をするだけの知識も無いので、今現在の様々な他のHP・blog記事のまとめ・備忘録くらいに考えてください。

 実際のところ前回の設定でほとんどそのまま運用してきていて、トラックログも安定しており、登山用GPSとしては充分機能しているし、満足なのですが、 よくよく調べてみるとまだカスタムできるようです。

1.etrex10・20・30の違い


 etrexシリーズは10/20/30とあります。
 10はベースモデルでモノクロ表示。地図表示が無く、自分の歩いた道を記録するGPSロガー、あるいは事前にカシミール3D等で作成したルートやヤマレコ等からもってきたGPXデータを使っでナビゲートするという使い方になると思います。
 20はカラーディスプレイで、10の機能に加えて地図表示の機能とMicroSDの利用が可能となります。
 30はさらに3軸コンパスと気圧計が追加されています。
 実際に日本国内での登山に使用する場合、使用方法にもよりますが、大凡のことは20で対応できます。今回書いている記事は30前提ですが、20でも利用できるものです。

 他機種との比較は使ったことが無いので出来ませんが、およそ1年使ってきて、手のひらサイズであること、グローブをしたまますべての操作が出来ること、単三電池2本で駆動すること、-20度でも普通に動作すること等等、登山用のGPSとしての使い勝手はかなり良いと感じています。スマホのGPSアプリも最近のモノはなかなか優れていますが、バッテリー問題・寒冷地での使用・グローブの有無等考えると、etrexの方が断然優れていると思います。


2.etrex20
j/30jと20/30の違い


 etrex○○jは日本のGARMIN正規代理店「いいよねっと」が販売する日本用にローカライズされたetrexで、日本語対応、地図も日本語表記のものが使える等、日本人が快適に使えるようにチューニングされています。最新の地図「日本登山地図(TOPO10MPlusv2)」は昭文社「山と高原地図」の大凡の歩行時間まで網羅されており、これは実際かなりつかえそうです。本体が59800円、地図が17850円(25/5/24まではキャンペーンで5250円)と設定されています。総額で通常77650円(税抜き)です。お金に余裕のある人はコレで良いと思います。
これに対してetrex20/30は世界共通版で日本語表記が基本できません。また先の地図を使うことも出来ません。日本国内でのサポートも販売元によって変わります。輸入で購入・並行輸入版を購入など購入方法はいろいろあります。Wiggle・GPSCityなど海外からの個人輸入も可能です。為替レートにもよりますが本体のみで30000円弱で売られています。

 私の場合GPSは登山の際、あくまでサブであり、基本はコンパスと地図(山と高原地図)と師匠に教えられているのでw 紙地図なしで登山に行くことはありません。その場合、地図もふまえて8万円弱の費用は無駄と感じた為英語版を購入しました。

私のetrex30はGPSCityから2012年5月に個人輸入したもので、23000円くらいで購入できました。いわゆる「英語版」です。この記事は英語版をフリーソフトだけで運用していく上でのまとめとなります。

次回は地図についてです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. ひつじかい より:

    eTrex購入に当たり、20と30の比較をしようと思って調べてたら、いつの間にかtyuruのページに来てて驚いたよw
    記事を読む限り機能的に20で問題なさそうだね。海外で使うから英語版で良さそうかな。主にポイントの位置情報記録に使う予定なんだけど、地図は別途購入する必要があるの?

  2. tyuru より:

     私は30・Tさんは20使ってるけど20でも充分かな。コンパスは普通に持っているだろうしね。最近の製品は無料地図使えないようにプロテクトがかかっているとかなんとか。
     ロケーション情報はGPSで表示できるし、持ち帰ったデータログをPCで地図に載せる加工は可能。今はGSIJNX使えないみたいだけれど、OSM地図がかなりいい感じになってる(一応確認してね)。私は結局地図は買わないで今は無料のOSM地図使ってます。

  3. ひつじかい より:

    ありがとう。早速Etrex20x英語版をAmazonでポチったよ。地図はとりあえずOSMを試してみて駄目そうなら購入するつもり。