GARMIN TEMPE

普段はあまり気にしないのですが、冬山に登るときにちょっと気になるのが気温。小さな温度計を持っていれば事足りる話なのですが、昨年GARMINからetrex30と連携する温度計デバイスが発売されました。GARMINのデバイスは心拍計・ケイデンスセンサーなどと連携しますが、新たに温度計も加わったわけです。温度計なんていらないだろう!と思っていたのですが・・・買ってみましたw GARMIN TEMPEといいます。

P1210004

 大きさは3cmくらい、ボタン電池で1年使えるそうです。まずetrexとペアリングさせ、その後、直射日光のあたらない場所に挟んでぶら下げておけばetrexで気温を記録していくことが出来ます。

 

性能としては・・・

・10m防水

・計測範囲はマイナス20度~60度

・ANTセンサーで無線接続

 

etrex30との接続方法

 

①電池をTEMPEに入れる

②設定>ANTセンサー>温度計 ONにすればOK うまくいくと「接続」と表示されます。

 

注意点としてはGARMINコネクトで温度は表示されません。カシミールもだめw 温度を見たい場合はGARMINのBASECAMPで確認できます。またetrexの場合30には対応していますが、10・20は対応していません。

 

ちなみにBASECAMPはGARMIN社のデバイス用ルート作製や記録のためのツール。日本の場合カシミール3Dがメジャーすぎてあまり知られていないかもしれません。

 

前回の蓼科山のログはこんな感じです。

キャプチャ

駐車場に到着して準備中にetrexをONにしたのですが、車内の気温から拾ってるのかな?6度から始まっています。スタート時で-4度。8時に出発して樹林帯の間はどんどん気温が上がり最高11度まで上がっています。これは取り付け方が悪かったのかな?森林限界を超えたあたりで一気に温度が下がり、頂上では-6度。ザックの左側に着けていたので風の影響もあったと思います。頂上近辺で無風に近い場所でー2度と言ったところでしょうか。下山時は樹林帯にはいるとやはりググッと温度が上がってきています。最後に16度近くまで行っているのは、骨折してw Tさんがザックを持って先に降り、車内にザックを入れたためだと思われます。

こうしてみると風の影響も反映するので正確無比とは言えませんが、なんとなく参考になる程度でしょうか。およそ5000円の温度計、微妙といえば微妙ですが、ちょっと気に入りましたw

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク