IQOSとジョギングと私 初日雑感

IQOSを使い始めて初日雑感

 

メリット

 

   火を使わない 服を燃やさなくて済むw

私、ながらタバコでよく服を燃やします・・・ 一番ショックだったのはAtomLTに穴開けた時w まぁ小さい穴なのでそのまま使っていたりするのですが。他にもTシャツ・ポロシャツ、ジャージも燃やしたかな。ユニクロだからまぁいいけど(良くない)。

 

   灰が出ない

ながらタバコをするのでデスクの下が灰だらけですw これが無くなるってのは掃除する人(自分ですがw)には良いことです。

 

   どこでも吸える

自宅・車の中など今までは遠慮していたところでも吸っちゃいます。でも匂いはやはり出ていますね。家族の理解が必要です。そのうち「臭い」って言われるかもですが・・・

   チェーンスモークしない(できない)

一度吸うと充電時間が必要になるので、チェーンスモークできないというメリットがあります。無駄な消費が減ります。

 

 

デメリット

 

   吸える時間が少ない

1本につきあと2分欲しいw バッテリー加熱式のため、1本につき14回吸うか6分という制限があります。あともうちょい欲しいところです。

 

   味が選べない

まだ4種類しか出ていなくて、選べません。メンソールも吸ってみましたがあまりおいしいと思えません。

 

初日で感じたのはこんなところ。体調変化があるとか劇的に何か変わるというのはありませんでした。ジョギングするまでは・・・

 

この日の夜は雨がパラついたのですが羊蹄山以降さぼっているし、状況も見たいので走ってみました。いつもの7kmコースです。

 

スタート~1km 

いつもと何も変わりません。おっかなびっくりなところもあるので無理はしないように走りました。

 

2km~4km

いつもより息が上がらない。心拍数を見ると170を超え始めている。普段は160にいったらペースを落としていたのですが全然苦しくない。絶好調ですw

 

5km~7km

いくらなんでも飛ばしすぎと思い、きつくなったらすぐペースを落とそうと考えていましたが、余裕がありすぎる。結局走り切ってしまいました。

iqos比較

上の表の詳細データ

半年ぶりにジョギング再開したとき(表の一番右)

羊蹄山に登る前、喫煙の通常ペース(表中央)

アイコス初日夜(表左)

平均心拍数が8落ちているのに対してタイムが8分も短縮されています。何より半年ぶりの時は走り終えて死にかけていましたがw 昨日は余裕ありまくりでした。

ぶっちゃけ禁煙しているのと変わらないくらいの効果が感じられました。タバコの三大有害物質といわれているのが

①ニコチン
依存症、血圧上昇、動脈硬化。

②タール
体に残る有害物質。部屋が黄色くなったりする原因。

③一酸化炭素
血液中のヘモグロビンとくっついて血管を収縮させる。

なのですが、アイコスの効能としてタバコの有害物質を90%カットします。火を使わない為、一酸化炭素が発生せず、タールも出ないということで(要はニコチンだけ)体への害が少ないわけです。

「吸わなければもっと効果が高いだろ」とは思いますが、禁煙による依存症のストレスを考えると、これ凄くいいんじゃないかと思います。というかいいでしょw

過去の禁煙の際は、ジョギング時、3日で劇的に体が楽になって、1週間で心拍数が激減しましたから、アイコスもかなり期待できそう。これ登山でもかなり楽になるんじゃなかろうか。要経過観察です!w

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク