映画 WARCRAFT

 公開時に見に行こうとしたら終わっていて、配信が始まったら観ようとしていたところ、AMAZONプライムで観ることができるようになっていました・・・

Warcraft_PosterArt

 

 私の30代はこの映画の原作となるゲームに捧げていたといっても過言ではありませんw いわゆる廃人でした。毎日12時間はゲームしていました。50人ぐらいのギルドマスターをやっていて、日本でもトップクラスのギルドだったと思いますw 

 

 このゲームはアメリカのBLIZZARDというゲーム会社の作品で、世界で一番オンライン数の多いMMORPGとしてギネス記録も持っています。日本のような1作完結ではなく、壮大なストーリーがあってその世界観に即してゲームが拡張されていきます。このストーリーがほんとよくできていて、日本のゲームのように善悪の戦いではなく、キャラクターそれぞれの運命を描いたようなよくできたものでした。

 

 まぁゲームの映画化ではたいしたことないだろうとは思いつつも観てみたら・・・良かった!ものすごく良かった。私のようなコアにはまっていた人なら充分満足できる仕上がりだったと思います。ただ世間的には受けなかったかもしれません。興行的には今一つだったようですが、続編作ってくれないかな・・・ 伏線張りまくっていましたが。全部作っていったらSTARWARS並みになりそうだけど、期待せざるを得ない出来だったと思います。

 

 ゲームに興味のない人にはどうでもいい作品かもしれませんが映像はかなりいいです。WoW経験者は見るべきです。久しぶりにログインしたくなってしまいましたw

 

 以下その筋の方用w 映画のストーリーはWoWの時代よりもはるか前。RTSWarcraftの時代を描いています。Thrallの生い立ちが描かれ、OrcKalimidorに進行してきたときの話です。OrgrimDoomhammerOrgrimarを作る前、KarazhanMedivhがまだいて、封印される前の話です。特にKarazhanが幽霊屋敷になる前の話なので、リアルMoroesとか出てきますw 映画見ながらタブレットで「どうやって攻略したんだっけかなぁ」とか調べながら観ていました。私と一緒に遊んでいた人は結構楽しめます。個人的にはエルフやアンデッドにもっと出てほしかったところですが、ゲームをやっていたころのキャラたちがCGで動き回るさまはちょい感動します。出来ればThrallの一生みたいな感じで映像化してくれたら楽しいんだけどなぁとつくづく思いますw

 

 ちなみにHuman側の主人公Lotherはドラマ「VIKINGS」の主人公らラグナーをやっていた人が演じていて、かなりはまり役です。まだ見ていなかったら見るべし。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク