映画 GHOST IN THE SHELL

img_gallery01

観てきました。

賛否両論あるようですが、アニメの攻殻機動隊を好きだった人なら純粋に楽しめるのではないでしょうか。アニメを知らないと違和感ありまくりかもしれない。

ハリウッド映画によくある「これが日本」描写は微妙ですw ブレードランナーやブラックレインの時代にはあれでよかったと思うのですが、現代で「まだこれなのかよ・・・」と感じます。

そんな日本でスカヨハ素子が暴れるわけですが、素子の誕生秘話みたいなストーリーです。よく「実写化は不可能とされていた・・・」なんて謳い文句がありますが、最近の映画は描写できないものはないですねw ただアニメやコミックの実写化はストーリを時には端折りすぎたり、時には詰め込みすぎたりなのが非常にもったいなく感じます。それでもこのゴースト・・・は無難にまとまっていると思います。というか、同じスカヨハのLUCYとそんな変わらないような気がしないでもないw

スカヨハ演じる素子ですが、これはこれでいいんじゃないかな。シェルは日本人である必要はないし雰囲気は十分出ていると思います。もうちょっと9課の団結感とかバトーとの信頼感みたいな部分(ここが攻殻のいいところだと思うのですが)が欲しいですが2時間弱ではきついかな。まぁでも損はないと思います。

おそらく続編は無いのでしょうが、また別の攻殻機動隊映画ができてもいいんじゃないかな。それくらいこの物語は面白いし、色褪せずによくできていると改めて思います。

私は字幕版を見たのですが、これの日本語版はアニメの声優さんがやっているとかなんとか。いつかそっちも見てみたいな。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク