ApplePencil レビュー

いやこれホント楽しいというかスゴイっす。10.5インチiPad Proで利用中

タブレットの存在意義 スマホに比べてタブレットはあまり普及していないといわれています。私の周りでも買ったはいいけど使っ...

スポンサーリンク




手書き入力コンプレックス

私の手みみ書き入力コンプレックスは以前にも書きましたが、悉く裏切られ続けて20数年。半ばあきらめかけていました。

デバイスへの手書き入力での問題点は

  • 手のひらに反応してしまう
    手のひらを反応させない機能を持ったアプリもあるのですが(パームリジェクション)、手間がかかるので実用になりません。
  • 描画の遅延や中断
    筆跡を遅れて描画してくるために書き心地が悪く、たまに文字が途中で途切れてしまったりと、ただでさえ下手な字が目も当てられなくなりますw
  • いちいち接続が必要だったりする
    電源ポン>すらすら書くというのができないと紙には到底かないません
  • 普通のスタイラスだと文字が太くなる
    Bluetooth 接続のものでも細線はまず無理。普通のスタイラスだとペン先自体が太いので手書きの醍醐味を感じることはできません。

昨年の冬、GalaxyNote7が出ると聞き「もうメーカーなんてどこでもいい!」と思いっきり購買モードに入って待ち構えていたのですが、発売と同時に爆発騒動w また手書きだけならサーフェスやWACOM、その他にもいろいろありましたが、システム手帳にはなりえませんでした。iPadProはかなり心動かされたのですが、Apple初のペンシルデバイスということ、それまでのスタイラス性能に限界を感じていたこともあり様子見しました。しかし、レビュー記事はどれも高評価で「次のiPadはペンシルと一緒に買う!」と決めていました。ちなみにGalaxyNote8の噂も出始めていますね。ちょっと欲しい・・・

私がやりたいことは「手書きで記入、Evernoteにポン」あるいは「手書きでメモ、プリンターで即出力」です。これがあるとかなり仕事が捗る気がするのです。

と、待ち構えていたところに10.5iPadProの発表。その日に予約入れました。もちろんペンシルも一緒に。

一応刻印が入っています

このペン先の細さが革新的!

して、その書き心地は・・・

10.5iPadProも過去最高レベル(新製品なのであたりまえですが)なのに、このペンシル・・・ もう最高!!厳密にはまだ進化の余地はあると思うのですが、この20年のストレスを吹き飛ばすだけの価値があります。普通に手書きでも充分ですが、筆圧に対応しているというのが味があってさらに良いです。これ学生だったらタブレット1枚持って学校行けるんじゃないかなというレベル。仕事でももうこれで全部いけるっしょというくらい進化を感じます。

上記の問題点、全部改善されています。

  • Bluetooth接続でペン先のみに反応。手のひらだろうが何だろうが余計に反応しません。一方で指先にはきちんと反応するという賢さ。
  • 120hzのリフレッシュレートが効いているそうですが、もうそのまま鉛筆感覚。遅延は一切ありません。明らかに9.7よりも上だそうです。
  • 接続の手間は一切ありません。ペンに対応したアプリなら触れれば反応し始め、放っておけば切れます。これも絶妙
  • ペン先が細いので感じが普通に書けてしまうところが凄い。英語だと今までのものでも充分だったかもしれませんが、ついに漢字に対応したといったところでしょうか。

カチカチ音が難点ですね・・・

以前のiPadAir+JOT SCRIPT動画と比べてください。文字の大きさ・追従性が段違いです。パームリジェクションの聞き方も完璧。

後半に筆圧を上げたり下げたりしています。

まぁとにかく未来がやって来た感がすごいです。

小さなことだけれど問題点

  • ペンが長すぎてツルツルしすぎている
    書いていてグリップ部が滑ります。これは要対策。あと妙に長くて筆箱ギリギリなのとペンの重心が上にいってしまっているかな?
  • 充電方法がちょっとスタイリッシュではないw
    付属品でLightningのメス-メスアダプターがついていますが、これすぐ失くしそう。要対策。これが無いと本体に直挿し・・・絶対折るw

    まずなくなりそう・・・

  • 高価
    10000円の価値をどう考えるかです。ペンですから・・・ ただ私の経験では充分実用レベルにはあるので、10.5インチ買うなら一緒に買うべきです。「ペンは使わない」と決めているなら10.5インチにこだわる必要はないでしょう。もっと軽いAir2でいいと思います。
  • 持ち運び方法の決定打が難しい。
    本体に挿せればいいのだけれどそういうわけにもいかず困ると思います。私は筆入れです。

実際に使ってみてすぐに買ったモノ

Pencil Barrier™(クリアホワイト)Apple Pencil を保護しグリップ力をアップする シリコン製カバー・充電時のキャップ紛失を防ぐ収納ヘッド搭載・〜 ペンシルバリア〜
Pencil Barrier™(クリアホワイト)Apple Pencil を保護しグリップ力をアップする シリコン製カバー・充電時のキャップ紛失を防ぐ収納ヘッド搭載・〜 ペンシルバリア〜

これ名作wペンのお尻のキャップはマグネット接続なのですが、充電時にまず失くすでしょうwこれをカバーしつつグリップもつくので一石二鳥!

LENSEN Apple Pencil 充電 ケーブル オス to メス 0.5m アップル ペンシル キャップ カバー 連接カバー 付属 (白 LSAPU009-APT008)
LENSEN Apple Pencil 充電 ケーブル オス to メス 0.5m アップル ペンシル キャップ カバー 連接カバー 付属 (白 LSAPU009-APT008)

これなら多分なくなりません

上の商品とかぶりますが、予備の充電コードと純正付属のメスメスアダプター紛失防止ということで買っておきました。

結論

最近Paperwhiteと言い、やたら買え買え五月蠅い当Blogですが”500%の自信をもって目を見て言いましょう!w” ガジェオタなら今回のiPadとPencilは買うべきです!

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク