IQOSとLINEの連携機能でパックコード入力が簡単に!

12桁のアルファベットがパックコードです

IQOSはユーザー登録をすると、タバコ(スティック)のパッケージにあるコード番号を専用サイトで入力し、貯めたポイントで抽選をして景品をもらえるという懸賞サービスがあります。ところがこのコード番号の印刷の悪さ(ゆがみ)とサイト自体の弱さ(すぐ落ちる)が相まって、かなりストレスの高いサービスとなっていますw

コレやっている人いるのかなぁとは思うのですが、私真面目に全部やっていたりします。サイトの調子が悪い時などはコードを書き留めたり、スマホで写真を撮ったりして、コツコツ打ち込んでいましたが、かなりメンドクサイ状態でした。

最初のうち、貯めたポイントをIQOS本体とか高額そうな景品狙いで外しまくっていたのですが、あまりに当たらないので挫折w 何の気なしに1000円程度の景品(ギフトカード・レコチョクポイント・Bookliveポイント)を狙ったところ、まぁこれが微妙に当選するのです。 Amazonのギフト券とかレコチョクのポイント、Booklive(電子書籍)のポイントなどです。

IQOSは一箱460円。以前吸っていたKENTは430円だったかな?ひと月当たり900円出費が増えたのですが、この懸賞のおかげで月一で1000円は当てているので、元は取れている(そういう問題なのか?w)気になっていたりします。

そんな中、先日IQOSとLINEが連携するという発表がありました。LINEにIQOSを登録して、LINEのトーク欄にこのコード番号を入力するとポイントが貯められるようになったのです。早速登録して使ってみたところ、このLINE申請方式、レスポンスが良くてかなりいい感じです。

やり方はまずIQOSの会員ページIQOSphereに入り、右上の設定ボタンからCONNECT、そしてLINEを選択、出てきたQRコードをLINEで読み取り、登録します。登録後は「トーク」で普通にLINEで話をするようにコードのみ入力すればOK。ちなみにコード入力は大文字・小文字・全角・半角問わずでハイフンも必要ありません。

QRコードをスマホで読んでも連携出来ます。画像はパソコン画面です。スマホだけでも完結出来ます。

コメント欄にパックコード入力。 送信で登録できるようになります。

これでポイントを貯めたら懸賞に応募できるようになります。当選の場合はやはりコード番号を貰えて、各サービスのページで当選コードを入力、ポイントへ変換という流れです。AmazonはまぁいいとしてレコチョクやBookliveなどは使ったことが無い人も多いと思います。それでもなんだかんだ無駄にはなりませんから、使ってみてください。私の場合はレコチョクなら気になる新譜、Bookliveなら暇つぶしになりそうな本を選んでいます。ちなみに一つの懸賞は一度/月しか当たりません。多重当選はできないようになっています。

こんな感じで当たります。この時は13回チャレンジしましたw

IQOSユーザーの人なら使ったほうが良いですよ!どのみち毎月30ポイントは貯まりますから!w

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク