Galaxy エッジディスプレイのフィルム問題

GalaxyNote8最高ですね。メモを取れる快感!スマホはもうペン無しでは考えられません。海外ではNote9も発表・発売され、この冬のモデルとして日本でも発売されると思いますが、私は8で全く問題が無いので、10まで様子見です。ちなみに8と9の大きな違いは・・・

  1. バッテリーが増えた
  2. カメラに絞りがついた
  3. SpenにBT機能がついた

こんなところかな。あとは冷却機能アップ、処理速度アップ等もありますが、価格が跳ね上がることを考えればコスパはNote8の方が圧倒的に上でしょう。ちなみに1年使ってきてハード的に困ったことはありません。ここまでストレスフリーな端末はiPhone5以来かな。

ただし、それ以外で困ることがあります。

スポンサーリンク




Galaxy Note 8 一年使ってみた問題点

まず大きさ・重さ。ペンの利便性とトレードオフになるので仕方ないのですが、カバーまで着けると結構重い。スーツの胸ポケからはみ出る等はちと困ります。「カバーつけなきゃいいじゃん」とも思ったのですが、何気に私落とすんですね・・・ ヒヤッとしたのは2回。それでも今のカバーで守れたので、カバーが外せません。

次がフィルム問題。ガラス・フィルムなどかれこれ4種類使いましたが、基本「ガラスは真ん中が浮く・Spenの反応が悪くなる」フィルムは「エッジ部から剥がれる」というデメリットがあります。

今のフィルム。夏にお尻ポケットに入れていたらケツ圧と暑さでズレまくりました。フィルムはSpenの追従がいいので気に入っていたのですが、流石に汚い。

エッジディスプレイに最適なガラスフィルム

唯一この両方のデメリットを克服できると思われるのが、ガラス面と本体の間に液体を流し込み、紫外線で硬化させるというフィルム「DomeGlass」。しかしながらこの製品、5000円超えてきます。ちなみにこれ、ドコモでも2018年夏から扱い始めていますが、Note8は対象外。Note8用はeBayやUSAmazonで5,000円くらいで購入することになります。

私も購入しようかと思ったのですが、安いフィルムを張り替えたほうが早いかなと、半ばあきらめていたので、今まで汚いフィルムのまま使っていましたw

これ安い!

今回丁度貼り替え時期になっていたのでAmazonを眺めていたところ、DomeGlassの廉価版みたいなフィルムをみつけたので購入してみました。

安いですねw 液体を垂らしたり、フィルムの位置決めをするガイド類が一切ありません。同梱物はガラスフィルム・画面をキレイにする シート類・UVライト・接着用液体のみです。

パッケージからして怪しさ満点。まぁ物は試しと使ってみます。

一応怖いので、フロントカメラや照度計の部分だけはマスキングしました。ここの部分のマスキングは販売元で推奨されています。セロテープでもいいと思うのでしておきましょう。

レビューを読むと付属の液剤が危険だとか色々言われていますが、液剤を使い切って、説明のビデオそのままに真似したら驚くほどきれいに貼ることができました。

ポイントとしては・・・

  • 液剤を使い切ること
    残しておいても仕方ないので気前よく行きましょう!あまり急いで出すと液体自体に気泡が入ってしまうのでゆっくりで。入ってしまったらちょっと待っていれば消えます。
  • フィルムを載せた際にグイグイ押さずに微調整程度で止めること
    真ん中に液剤を垂らしたらガラスフィルムの背面部のシートを剥がしてそっと載せるだけ。触るなら微調整程度で。
  • 位置決めが出来たらさっさとUVライトを当ててしまうこと
    これどんな感じで当てれば良いのかわからないんですが、気長に当てました。1箇所40秒みたいになっているので、画面を6分割して考え240秒くらい。慌てて触らず気長にいきましょう。

このやり方だとほとんど液ははみ出ず(多少ははみ出てきます)、きれいに貼ることができました。

私の場合、フィルム自体に最初から指紋というか汚れがあったり、中央部にスが少し入っていたのですが、これは交換可能か販売元と交渉してみます(というか代替品送ってもらえました!)。

一応完成品がこちら

滑りも良すぎるくらい良いし、密着度も高くて、ガラスと普通のフィルムのいいとこどりです。

商品自体はかなり満足いくものです。Spenの認識もバッチリ。これならば1000円くらいのフィルム何枚も使うよりもいいと思います。

おススメ出来ます!

レビューの中には途中から空気が入り出したとか、剥がせるのだろうかというものがありましたが、そのあたりは追ってレポートします。ただこの液体で貼り付けるフィルム、仕上がりや使い勝手はかなりというか最高に良いです。

エッジディスプレイユーザーやベゼルレススマホユーザーはチャレンジする価値あります!

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク