Mora Knife

スポンサーリンク

先日Tさんとキャンプへ行ってきました。今回は横浜の近場で済ませようということで、三浦半島の城ヶ島付近の浜辺です。ここはキャンプ場ではないのですが、駐車場があり、キャンプやバーベキューOKのようです(駐車場のおばさんがそう言ってくれました)。

20160201-DSC_5935

天気も悪くてキャンプ日和とはいいがたいのですが、非日常に飢えているのでwそのまま泊まってきました。私的には、北海道ツーリングしていたころ、大雨で一週間、開陽台でキャンプしていたことがあり、雨のテン泊は何気に好きだったりしますw 設営や撤収は面倒ですが。

20160201-DSC_5951

この日は、またひたすら、たき火をしていたのですが、今回はキャンプ話ではありませんw今回のお題はブッシュクラフトごっこというかナイフのお話。

先日のふもとっぱらキャンプ場でもそうでしたが、火おこしをする際に、ナイフで木を削り、フェザースティックを作って、それに火打石で着火したいのですが、これができませんw いつも最後は着火剤です。

20160201-DSC_5938

Tさんと二人がかりで「どちらが優秀か勝負!」となりましたが、30分ほど戦っても着火する気配がありませんw ドローです。 火打石から火は出るのですが(あたりまえ・・・)フェザースティックに引火してくれないのです。

20160204-P2040001

これが二人が使っている「MORA Knife」。ナイフの世界も深遠ですから、とりあえず「これは抑えておけ!」というナイフを買ってみました。ブレードが厚く、引っぱたいても曲がらない強靭なナイフです。ナイフというと食材を切ったりするものだと思いがちですが、このナイフは斧の代わりであり、木工用のナイフです。

20160204-P2040003

ブレードはカーボン。錆びますが強いという特徴があります(ステンは弱いそうです)。かれこれ2回ほどキャンプで乱暴に扱いましたが、まったく刃こぼれもなく強いです。

20160204-P2040004

問題はこの先端部分。マイクロべベルというそうですが、ブレードのの先端部分に少しだけ刃がついているのがわかります。切れ味や刃の強度は上がりますが、フェザースティックを作る際に木にめり込んでいってしまい、燃えやすい様に薄く木を削るのが難しい(素人なだけだとは思いますw)という結論になりましたw

20160204-P2040005

裏面はマイクロベベルになっていないように見えます。ってことは片刃ってことなのかな?
今回はこのナイフを研いでみようということです。ちなみに今まで研ぐというのは包丁すらしたことがありませんw

20160204-P2040006

とりあえずホームセンターで砥石を買ってきました。ダイヤモンド砥石で荒砥用です。 片面が150番、反対側は600番。

20160204-P2040007

なんか昔話の山姥な気分で楽しい・・・でも何をやるべきなのかよくわかっていません。一応ネットでは調べまくったので中途半端な知識は満載ですがw

20160204-P2040009

荒砥なので傷だらけ・・・ マーク側の刃はハマグリ刃、反対側は平らにしてしまう予定です。

150>600>1000(家にあった砥石)と進めて

20160205-P2050016

5000番までかけてみました。砥石って高いですねw 2000円のナイフなのに・・・

20160205-P2050018

仕上げは革砥で。なんか本格的!

が、しかし。YOUTUBEの動画と違い、明らかに切れが悪くなってますw 仕上げては紙を切り裂きますが、買った時のほうがよく切れていた・・・

そのたびに研ぎなおしますw どうも刃の付け方がおかしい感じ。刃を付けるべくナイフを立て気味に研いでいたのですが、そのせいで先端の角度が大きくなりすぎて切れない模様。なるべくナイフを寝かせながら研ぐことで刃の角度をシャープにしていくと、徐々に切れ味が増します。

20160205-P2050020
< br />家に落ちていた木を削ります。んーなんか違うんだよな。でも薄く切れるようにはなってきました。

20160205-P2050021

マイクロベベルはもうありません。

20160205-P2050022

写真だとかなり切れ味よさそうなんだけど・・・

実際そこそこ切れるところまでは仕上げられましたが、未だに着火はできませんw きっと木がよくないに違いない・・・ もうちょっと研いで着火を目指しますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました