雨飾山、そして秘境へ

スポンサーリンク

先月に引き続き今月も登山に行ってきました。前回の唐松岳の東側、日本百名山の雨飾山です。

新潟の糸魚川市の南、長野の北方に位置していて、この山の神様に雨乞いをしていたことから雨飾山となったとか。登山口は南側と北側にありますが、北側は糸魚川市から入るので、関東からだと相当遠回りをしないといけません。ということで今回は南側から。


シルバーウィークの直後、台風がやってきているけれど天気予報はそこまで悪くないので決行!朝2時にTさんをお迎えに行くはずが2時に電話で起こしてもらいましたw 途中休憩を入れて5時間くらいかかるけれど、アイサイトならいける!

南から台風の雨雲がやってきます

前回荷物の重さに泣きが入ったので今回はピストン(一日で登って降りる)です。軽かった。といっても私たちは師匠の教えから普通の人の1.5倍くらい背負うのかな?トラブルが起きた時、3日は生きられる食料と水を背負っています。

前回の半分以下の重量w
トイレと登山届を書くスペースがあります。駐車場は30台くらいまで停められます。
左はキャンプ場へ上がる車道、この右に下る感じで登山口
登山者の排泄物で登山道が臭くなったことがあるとか。実際トイレはない(携帯用のブースのみ)ので心配な人は買っておきましょう。500円。
最初の15分は平行移動ですが、その後は急登続きw結構しびれます。

登り3.5時間下り2.5時間だし、大したことないだろうと二人とも高をくくっていたのですが、甘かった・・・この山は一つ登って降りて、また登り返してさらに登るという結構ハードな山ですw 最初から急登が続いて焦りました。

400mごとにこの看板が出てきますが、アップダウンが激しすぎてあまり参考にならないかもw
ブナの立ち並ぶところ。気持ちの良いところです。

ヒーヒー言いながら登っていくとブナが立ち並ぶブナ平。我々はこの前に休憩しましたが、最初の休憩ポイントはここがいいかな。

そこまで長くは続きませんが雰囲気は抜群。

ブナ平を過ぎて携帯トイレブースを過ぎるといきなり絶景ポイント。

手前のもっこりした菱形が布団菱。その後ろが雨飾山。急登を頑張ったご褒美ですがこの後登ってきた山を下るというw

ここは紅葉が見事で有名な山なのですが1か月早すぎたw想像しただけでもきれいだろうなという景観です。

このあと今まで登ってきた山を下ります。単純に登山口と頂上の標高差は800mですが実質1000mでしょう。我々には手ごわい標高差ですw

途中、雨飾山の水を集めた沢が出てきます。水量も豊富で気持ちいい。

山を下りきると沢が出てきます(荒菅沢)ここも休憩ポイントかな。この先の地獄に備えて・・・ 見晴らしもいいし水も冷たくて気持ちのいいポイントです。

この後はひたすら急登。しかも登れば登るほど急になっていくという謎仕様w 梯子やロープもガンガン出てきておよそ1時間半の激闘が続きます。写真はありません・・・

そして登りきると急に笹野原になります。稜線に出てやはり風がものすごく、吹き飛ばされそうになりながら進みます。

そして最後の最後に今一度急登が現れます。

これは最後の急登かな。あと一息!

手も使ってよじ登るような箇所の多い急登。このての登りは集中しているからか、疲れるよりも登ることに意識が行くので楽といえば楽w

そして30分。登頂です。

写真はガスッていますが、時折晴れ間が見えてきます。北アルプスや糸魚川市、日本海、妙高の山々を眺められます。
この山は双耳峰です。
妙高方面 写真を撮っているのは頂上でたまたま一緒になった人ですw
糸魚川市が一望できます。その先が日本海。
まぁTさんにしては頑張った!w

基本的には強風のガスですが、たまに一気に晴れ渡る感じで景色が見えるようになります。頂上でのんびり休憩しながら昼食、下山に備えます。

登山道が女性の横顔見えるというのがこの山のウリ。パッと見てすぐわかりますよね。

30分くらい頂上にいたかな?気合を入れ直して下山です。

下りも大変ではありましたが、登りの苦労を考えたらだいぶ楽かな?でも急坂をずっと下るので、最後には膝がガクガクになりました。

ここからの写真はほぼ登山口近辺w

かなり幹の太い木が立ち並んでいて大自然を満喫できます。
岩魚がまったく動じずに何匹もいます。夜私たちに食べられるのに・・・(食事に出てくるのは養殖ですw)

下山後は一応オートキャンプサイトをチェック。車でガン付けできるし、芝生で結構いい感じ。天気が良ければかなりの星空を期待できそうでした。

ハイシーズンは4500円、普段は2500円、大人は1000円/人 芝生のオートサイトです。
湧水と星空がウリかな?

ちなみに今回初めてこの濃縮コーヒーをコンビニで買っていったのですが、水でコーヒーを作れるというのがかなりいいかも?1本で10杯取れるので、二人なら余裕あるくらい。お湯でももちろん作れますし、今後も継続利用の予感。余った分は自宅でバニラアイスにかけてアフォガードにしていただきましたw

そしてこの日は雨飾荘に宿泊。GoToトラベルで15000円が10000円でした。ただしコロナ対策でスタッフが宿泊客の部屋に入ることはなく、布団は自分たちで敷かないといけません。

ちょっと高級(私たちにとってw)な旅館。GOTOで15000円が10000円になってます。登山口のチョイ下(車で5分)にあって、近くに公共の露天風呂があります。
雨飾荘のすぐ下にあって駐車場もあります。無料で温泉を楽しめます。男女は別になっています。
公営露天はこんなかんじ
館内のお風呂は露天風呂もあって清潔です。あまり熱すぎず、登山で疲れた体に沁み込みます。
お刺身で残った部分は唐揚げにしてもらえます。おいしいです!

夕食は豪華なコース。岩魚のお刺身にA5の信州牛や手打ちのお蕎麦。どれも美味しかったです。

コメント

  1. 青フォレ より:

    濃縮コーヒーにヒット。(笑)
    自分は、ネスレのポーションタイプかなぁ。
    無糖タイプで水でもよし、お湯でもよし、牛乳でもよしと便利ですよ。

    • tyuru tyuru より:

      私コレ知らなかったんですが、かなり便利。ただゴミを持ち歩くのでその辺りの合理的な方がいいかな。今度ネスレでやってみますw

タイトルとURLをコピーしました