iPad用 キーボードの選び方 と私が購入したキーボード

前回iPad Proにキーボードは必要なのかを書きました。結論としては「iOS11以降のiPadは外付けキーボードで進化する」というものでした。

「iPadにキーボードはいらない」 私はずっとそう思っていました。特にAirの頃は「軽さを捨ててまでキーボード…

今回はキーボードの選び方と、実際に私が購入したキーボードをご紹介。

スポンサーリンク




外付けキーボードの種類

SmartKeyboard

メリット

・Apple謹製のスマートコネクタを利用したキーボード。接続の手間がない。

・スマートコネクタからの給電。充電を気にしなくて良い

・US・JISを選択可能(二種類発売されている)。

・その名の通りスマート。

デメリット

・iPad背面の保護。背面カバーを別途購入するとそれなりに重くなる。

・高価。使わなくなったとき痛い。

クラムシェル型(ノートパソコンのようになるタイプ・カバー型

今回私が購入したタイプ

メリット

・全体を保護

・キーボード電源を入れる必要がない(機種によります)

・安い

・種類が豊富。機種依存だが様々なギミックを選べる。

デメリット

・当たり外れがある。自身の用途のあった機種を探さないといけない。

・重い

・デザインが難しい

・バッテリー管理が必要

完全別体型

iPadとは別に持ち運ぶ。あるいは自宅専用。折りたたみ式のコンパクトなものもある。

大昔に折り畳み式を使ったことがありますが私は馴染めませんでした。

今回はAnker。

メリット

・必要な時だけ使える

・様々な機種で使える

・種類が豊富。機種依存だが様々なギミックを選べる。巻き取り式まである(ナイロン製)。

・フルサイズキーボードで打てる(機種依存)

デメリット

・スタンドが必要>膝上ではなかなか難しい。

・iPad特化ではないのでさらに厳選する必要がある(基本Windows要はダメ)

・使うときに電源を入れる必要がある(機種依存)

・バッテリー管理が必要

どれを選ぶべきか

無難に行くならばお高いですがSmartkeyboardがいいでしょう。キーボードを今後使い続けるかわからない人は一体型でいいと思います。別体型は一見使いやすそうに見えますが、Androidと併用だとキー設定が変わってしまうとか、別のスタンドが必要になるなど意外な手間があると思います。ただし入力効率で選ぶなら別体でしょう。iPadの幅は狭すぎます。

USかJISに関しては好みになります。私は今回初めてUSのものでしたが、JISより使いやすいんじゃないかと感じています。欠点はEnterが小さい。

私が選んだキーボード

今回私が選んだのは・・・

好印象なInateck製品であることが決め手です

最近はスマホ・タブレットの前にパソコンが押され気味。パソコンの無い家庭も多いようですし、当サイトの来訪者も6割…

これ9.7用とか6thようとか種類が多いのでご自身のiPadに合ったものを選んでください。上のものは10.5です。

今更すぎて山ほどレビューがある

このキーボード。かなり売れているようでレビュー記事は山ほどありますw それくらい良いキーボードだと思いますので、私が気に入ったところだけをご紹介。

私が個人的に気に入った点

オートパワーオフ・オン 本体とのマグネット接続で、閉じればオフ、開けばオンが自動です。

縦使いも考えられている キーボード部を180度折るのではなく、キーボード部にiPadを重ねる感じで縦使いモードになる。

iPadとの接続は最初の一回のみ。あとは手間いらず。

ハードウェアキーボードが充実 これめちゃくちゃいいです。いちいち設定開かなくていいというのがここまで便利とは!

実際に使ってみて気になっている部分

USキーボードである 私初めてのUSキーボードなのですが意外にも使いやすいです。日本語英語の切り替えはctrl+space。覚えやすくていいです。

・狭い 結局難癖をつけるとしたら左右幅の狭さでしょう。普段パソコンでフルサイズキーボードを使っている人にはストレスになるかもしれません。

・角度は2段階のみ これちょっと残念。でも困るほどではありません。

・バックライトが欲しい。ここまで使い込むと思っていなかったのですが、真っ暗でも使いやすいように、バックライトを付けて欲しかった。

・慣れればなれる程に欲しくなるのがマウス・トラッキングパッド等のポインティングデバイス。矢印キーがあるだけ便利ですが、ノートパソコンでもメインになり切れない部分と言えるでしょう。

まとめ

iOS11以降が動くiPadならば、一度はキーボードを経験しておく価値があると思います。あまり気構えずに「サブノートくらいにはになるのかな?」の気持ちで使ってみれば驚くこと間違いなしです。

とりあえずお試しのキーボードとして、Inateckのものは完璧ではないにしても、かなりレベルの高い、コスパのいいものだと思います。とりあえず騙されて見るもよし(騙す気はありませんw)、色々思い悩んで見るもよし、自分に最高の一枚を使ってみてください!

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク