カーオーディオ インナーバッフルの自作

いつかはやってみようと思っていたインナーバッフルのDIYに挑戦しました。木工とかほぼ素人の作品です。

※私のシステムはこちら

※カーオーディオのWeb情報は話半分、このブログはさらに半分くらいで読んでください。

スポンサーリンク




インナーバッフル

インナーバッフルの必要性についてはいろいろ言われています。どれも正解なようであり、一方で正反対の意見もあったりと、実際のところ何が正しいのかはわかりません。

一応言われているのは・・・

・スピーカーユニットとインナーパネルとの一体化

・スピーカー振動をインナーパネルへ伝える

・背圧の戻りを無くす

・低音強化

・音がスッキリ

などなど。

どのレビューを見てもスピーカー変更に伴うインナーバッフル交換にデッドニングが一緒に施工されているので、スピーカーなのかバッフルなのか、はたまたデッドニングの効果なのかはっきりしません。

私の場合は「市販品で取り付けられないスピーカーを取り付けたい」これだけですw

あと「自分で作ってみたい」ってのもあるかな。

施工方法や材質も、硬いのがいい/柔くていい、ガッチリ止める/緩めに止める、と両極端。私は以前は説明書やWeb情報のままにガチガチでしたが、一時期はゆるゆる派(Webに遊ばれていました)今は普通です(最近はスピーカーの振動で音を飛ばすというのにハマっております)。デッドニングの有無も関係してきますし、これは手間をかけた数だけ答えがあります。試行錯誤して自分の正解を見つけるしかないです。まぁでも普通に締めるが無難だし正解だと思います。

ちなみに今回はフロントを作ります。インナーパネルに段差がある車、例えばハイエースなどは自作は難しいです。凸凹がある場合は自作は諦めて市販品で、それに合ったスピーカーサイズで行くしかありません。

「いやいいや凸凹でも頑張る!」という方は頑張ってください。取り付け方によって自作も可能ではありますが今回は触れません。私のXVのリアはやはり凸凹ですが一応自作品を使っています。

純正スピーカーのバッフル、市販のバッフルともに上へ向けて若干スラントされているものが多いので「純正がスラントしてるんだからスラントさせないとだめじゃね?」と思いがちですが・・・

バッフルの究極は平行です。スラントさせたから定位が上にとか前にというのは気のせいです。がっつり向かい合わせて音が飛べば、高音は上に、低音は下に定位します。

苦労してスラントさせてしくじった私が言うのです。信じてください。信じられない人は沼に落ちて溺れてしまえ!w

※これは話半分の半分でなく本当です。

ちなみにバッフルをスラントさせるとどうなるかというと、音が痩せます。つまり音が飛ばない状態になります。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 中川明博 より:

    はじめまして。このブログを参考に自分もバッフル自作を決意しましたw
    バッフルの塗装はする予定ですが、スピーカー自体の防水対策って何かされたのでしょうか?よければ教えてください。

    • tyuru より:

      たいした作業ではないのかもしれませんが、最初はおっかなびっくり慎重にやった方がいいです。塗装はアクリル系のものを使ってください。また取り付け穴部分はテーパー状にしてスピーカーからの音を塞がないように注意しましょう。

      さて傘ですが実は私今のところついていません。これは音響的な理由ではなく、単に施工を急いでいたためです。近々傘をつけますのでその時はこの記事を更新しますね。

      一応説明すると、純正のスピーカーには傘が付いていますが、あれと似たものをアルミテープで作ればいいと思います。ただしスピーカーに直付けすると、スピーカーから出る音を塞いでしまいます。ですから、アルミテープで傘を作り、スピーカーの穴から手を突っ込んで最低10センチくらいのところに傘をつけます。若干大きめに作りましょう。場合によっては10センチ上だとサービスホールですが、そこに貼っちゃっていいと思います。

      車用のスピーカーはある程度耐水性はあると思いますが、端子部などはたまに見ると錆が出ます。傘はつけましょう。

      この記事を書いてから私はすでに6組くらい作っていますが、最初は半日仕事、今だと1時間くらいでひと組作れるかな。作るたびに改良もできて楽しいですよ。怪我に注意してください。電動工具で木材を切る時はメガネとマスクはあった方がいいです。

      私のわかる範囲でしたらなんでもお教えしますので、頑張ってください!