Google Pixel 3XL レビュー

スポンサーリンク

昨年11月に発売されたPixel 3XLを今更購入しました。だって安かったんだもんw

ちょうど2年前にGalaxy Note 8にして、この神端末を使い続けているわけですが、もう完全にSpen中毒なのでNote機能を手放せず困っています。最新のNote10は8と比べてブラッシュアップされてはいますが、私の使用法だと8で充分かも。それよりも来年始まる5G対応端末を狙いたいのでNote8でそのまま行くかと思っていたのですが・・・

9月になってドコモがまさかのPixel投げ売り。そろそろ最新型がでますが、それでもまだ1年落ち、発売当初13万の端末が1年後に2万って・・・ しかも9月には最新のAndroid10も出てきましたし(PixelはGoogle謹製なので既に対応しています)これは買わずにいられませんでしたw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう買う人もいないだろうし、記事にしても意味ないんだけど、買っちゃったのでレビューw

スポンサーリンク

Google Pixel 3XL

Pixel

GoogleってのはAndroid OSを作っている会社。OSを作っている会社が出す端末ですから、OSが持ち合わせている機能をフルに発揮できます。今だと世間はAndroid9(PIE)ですが最新のAndroid10を入れることが可能。もともと純正端末は「Nexus」という呼称でしたが、今は「Pixel」となっています。

10月にはさらに新型の4が発表予定。が、こんな売り方(1年で投げ売り)していたら誰も手出せないんじゃ・・・

スマホカメラ最高クラスの写真能力

iPhone 11 proが3眼カメラでいろいろ言われていますが、一説ではPixelのカメラはiPhoneどころかSONYのRX100(コンデジのヒット作)を超えているといわれています。スマホカメラに高性能は要らないと思っている私でもグラングラン来ていました。特にナイトモード(夜間撮影)が秀逸との話。本当なのだろうか。

ちなみにPixel3のカメラですが単眼ででっぱりは少し。

aptX HD対応

そしてもう一つ、音楽コーデックのaptX HDを使えます。これはBluetoothで音楽を飛ばすときに遅延を無くして高音質化するものなのですが、今まではaptXを使っていました。そのaptXよりもさらに高性能な規格(音が良いとされる)です。aptXがイヤホン使用でなかなかいい音くらいで、HDになるとハイレゾ対応と言われています。

送り側受け側ともにこの規格に対応している必要があるのですが、私の場合Note8が対応していませんでした。ソースがGoogle Play Music(320bps)なので、ものすごくなるわけではないのですが、aptXHDで聴いてみたい。良ければWAVをスマホに入れようかなと画策しています。

その他特徴

イヤホン端子無し、SDスロット無し(クラウド前提)、あとはまぁ2018年冬の最強クラスのスペックですw シンプルで最高スペック。実に良い。

Android10・スマホ最強クラスのカメラ・ aptX HD ・2万円という破格値、四暗刻ですね。我慢できませんでしたw

レビュー

率直な感想としては驚くほどシンプル。いかにGalaxyやXperiaがAndroidをメーカー独自にカスタマイズしているのかがわかります。とにかく最低限で脚色もなし。iPhoneの不自由さを持ったAndroidと感じました

ちなみに最強クラスといいつつ、AndroidなのにSDスロットもイヤホンジャックもありません。Googleの考えるスマホの在り方は、無線化・クラウド化というのがわかります。

シンプル、悪く言えばしょぼい

画面の細かなカスタマイズはかなり制限されています。

素のPixelはグリッド数(アイコンを置ける数の設定)は固定、フォントも固定。AndroidのくせにかなりiPhoneちっく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボタンも電源とボリュームだけ。スロットもSIMだけ。

シンプル、よく言えばストレート

ただ、何も脚色の無いAndroidというのはこれはこれで新鮮。「Androidは本来こういうものだ」という最低限の機能なので無理がない。素のAndroidはPixelでしか味わえないというのが良いです。

素のままでは残念だけれど、いじりたければご自由にどうぞ(アプリで相当いじれますからね)、というのも見方を変えれば万人受けしそう(万人受けしなかったから投げ売りなんでしょうけどw)。

またこれ、ドコモ端末なのですが、ドコモの機種でいうとiPhoneと同じく特別枠。つまり、呪われしドコモアプリが一切入っていません。ということはMVNOのデータSIMでもGPSが使えます。どこにもドコモの呪いがないのは素晴らしい。ただしsimロックはかかっていそう。

もちろんAndroid10にもしましたが、ダークモードとジェスチャーナビゲーションがパッといじってみた際の目玉かな?特にジェスチャーナビゲーションはデカいスマホを片手で操作するのにかなりいい。戻る・ホーム・一覧ボタンも一切表示されず、広々と画面を使えます。

カメラの性能は?

これに関してはちょっと驚いた。かなりいい。ただセンサーサイズ故、拡大したときの解像は残念。しかしぱっと見やブログに掲載するには必要充分以上です。これコンデジサイズでこの写りしたらもう普通の人はもうコンデジや一眼などのカメラは要らないかも・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世間一般では夜間モードがすごいといわれています。シャッターを切ってしばらく取り続け、AIで合成してるっぽい。強烈なHDRかな。

通常のカメラ
Night Shift
通常
Night Shift
通常
Night Shift

光の少ない環境で光を集めまくるので、電球色を集めれば暖か、蛍光色を集めれば青みがかった色が強調さます。風景にはイマイチ(被写体による)。ただこれに人物が入ってくると、暗くつぶれるはずの顔が映るので驚けます。フラッシュなしでバランスの取れた写真になると思います。

カメラ一個でこれをやっちゃってるのがすごいです。

ただこの手の機能はカメラ好きにはウケないw ただカメラ好きは写真うんぬんより性能で騒ぐので特殊ですw

暗いところは暗くそれでもピントが粘ることの方が凄い。しかもスマホの豆粒センサーで。上の比較でも通常の方が自然に見えますし、実際の見え方に近いです。スマホの場合は映像エンジンで加工が入るので嘘くささが残りつつ見栄えがいい。

ちなみに明るいところの写真がありませんw撮ってきたらアップします。

aptX HDは?

私の場合はヘッドがしょぼ過ぎてBluetooth接続にトランスミッタを使っています。トランスミッタ>AUXでヘッドに入力という感じ。おそらく現状でaptXHDに対応したカーオーディオやナビヘッドは日本にはありません。公表されていませんがケンウッドはaptXには対応しています。

これaptXが認めるトランスミッター。入荷未定w

私の使っている非公認のもの。ただこれきちんとaptX HDで接続されています。

Google Play Musicの320kbpsではaptXもaptX HDも変わらないだろうと思ったら変わる

高音域が伸びるのか音楽全体が若干上にずれるのと立体感が若干出る。そんなに大きくは変わりませんがパッと聞いてクリア感とレンジの広さを感じます。

あとはWAVなりハイレゾなりで試すべきなんですが、私は基本CDwまだ試していません。

これによって私の目的の7割は達成されましたw

太い

このスマホ太いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

慣れの問題もありますが確実にNote8より太い。太いと片手操作の際に反対側に届かないwこれ意外にストレスです。使ってみて気付きました。

太い理由のひとつにこのレザーケースも少なからず影響しています。手帳型ではないものだとこれになっちゃいました。

フィルムはこちら。ガラスではないのですがガラスっぽい。これは貼り易くていいと思います。

総評

新型スマホに革新であるとか真新しいことを求めるとPixel3XLは「物足りない」。ただすべての機能が確実に進化していることは感じられます。

ガジェオタにはこの良さをわかる人とわからない人が居ると思うけれど、スマホ自体がもうカメラ性能でしか争えなくなっている今では、この「地道な進化」は私にとって好印象。

特に最新のAndroidをすぐに使えるというのは私には大きな魅力になっていて、しばらくはNote8と併用しようと思っている(通常PixelはデータSIM)。

ただ一般の人が見て、2年前のGalaxy Note 8とほとんど変わらないというか、Bixbyボタンやペンを考えるとNoteの方が上というのも事実。スマホ自体が限界まで進化したと思わざるを得ない。以前ならキャリアの2年縛りで、なんとなく2年毎に買い替えていたという人も、もう買い替えてもそんなに感動はできない時代だなと感じます。これからは1台で3年4年と戦えてしまうことを考えると、Pixelは無理にはお勧めしません。安ければアリですw

Pixel4はありか

ここで近々発表されるPixel4ですが、これも3とさほど変わらないと思われます。案の定カメラの進化を謳っているけれど、なんだかんだ写真はセンサーサイズ次第。どんなに最新のスマホ写真も、ぱっと見は凄いけれど、よく見ると解像の低さはすぐわかってしまう。「いやいやそこまで見ないし」という人にはもうスマホのカメラだけで充分。というか実際この大きさでスマホのカメラはすごいです。

他の性能自体も、もう何でも同じwゲームやるならiPhoneで良いと思うし、ペンが必要ならGalaxyNoteでいい。おそらくこの流れだとPixel4もいずれ投げ売るんじゃないかと思ったりw

ただ2020年は5G元年と言うことでスマホが進化しそうな気配はあります。先日もマイクロソフトが2画面スマホを発表など、来年は斜め上の進化を遂げたガジェットが出てきそうなので、この冬はおとなしくしておくのが吉かなと個人的には思っています。

Surface Pro XやSurface Laptop 3など「Surface Event」で発表されたMicrosoftの新製品まとめ
折りたたみスマホ「Surface Duo」やデュアルスクリーンPCの「Surface Neo」など、Microsoftが現地時間2019年10月2日に開催した「Surface Event」では新しいハードウェアが次々に登場しました。ということで、Microsoftがイベントで発表した重要アイテムをまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました