カーオーディオ DIY 初心者が上級者を目指すために実践すべきこと まとめ2

スポンサーリンク

満を持して禁断の記事、第二弾!w 

この記事は思いもよらずカーオーディオにハマってしまったオッサンのカーオーディオの考え方をまとめた記事第二弾です。世間一般とだいぶズレているので、笑いながら読み飛ばすもよし「ん?そんなことあるの?」と信じてみるもよし、とりあえず「変な奴がいるな」くらいで読んでみてください。「頭のおかしな奴がいる」というネタになるかもしれませんw

ただ、今の自分のカーオーディオシステムに限界を感じていたり、ショップや世間の流行の音に何か違和感を感じている人にとっては福音となるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

深遠なる沼の世界

「ちょっと車のスピーカー変えてみようかな?」とりあえずググって、施工方法やおすすめスピーカーを探します。「なになに?デッドニングっていうのをすると音が良くなるのか」「ほうほう、こんな小技を効かせると更に良くなるのね」

パーツを買い揃えて必死になってスピーカー交換、ドキドキしながら出来上がったシステムを聞いてみると・・・「うぉ!スゲー!音がキラキラしてる、純正はやっぱダメだな、これくらいの音じゃないと気持ちよくないぜ!」「いやぁドライブが楽しくなった、やってよかった」

しばらくして「でもこれ予想としていたのと違うな、もっといい音出せるはず、ググらないと!」「やはりユニットが安すぎたかな、高級機じゃないと俺の求める音は出せないはず」「あーやはりアンプは積まなきゃダメか、電線もいいやつつけないとダメだな」

必死になって更に弄ります。「やはり高級品は違うぜ!」「いまの時代はググれば答えがあるしなんだってできちゃうな」「いやしかしこの音最高だな」

しばらくして「音は相当いいけど、なんか長く聞いてると疲れるな」「バランスがなんかおかしいな」「もっといい機材入れなきゃダメか」

ふと何もいじっていない車に乗ったとき「あれ?ものすごく聴きやすいな・・・ 音には文句言えるけど聴きやすさは純正の方が上か?」

これ私w 純正を見直すタイミング、自分のシステムを客観的に見るタイミングを逸すると、無限ループにハマります。途中でカーオーディオの仲間ができちゃったりすると、機材交換ペースは加速、機材の価格は青天井に跳ね上がっていき、戻れないところに行ってしまいます。DIYの限界を感じ、ショップに頼ってみたりすれば更に加速、そのスピードは限界を知りません・・・ いやいやこれぞ深遠なる沼の世界。

見えぬ出口を探し求め、しまいには自虐的に沼に溺れる自分を自慢をしあって傷を舐め合う・・・ いやはや恐ろしい世界。

まぁでもこれはこれで楽しいので始末が悪いw

沼も悪くはない

趣味の世界ですから、お金がかかろうが時間がかかろうが楽しんだもの勝ちなのは事実。沼にハマったという自覚があっても経験や知識はプライスレス。特に失敗の経験ほど価値のあるものになっていくと思います。でもいつまでも沼に浸かっていて、結果が出ないのは(終わりはありませんが)いただけない。失敗の中から自分の目指す音は見つけ出した方がいいです。

この記事を読む人は出来るだけ沼を回避したい人かもしれません。私がそうですからw でもこの記事の内容を実践していけば否応なしに深浅はあれど沼入りです。そんなときに「あ、こんなやり方もあるんだな」くらいに感じてもらえればいいかなと思います。

この記事の内容を理解・実践して、尚且つ煮詰めることができたとき、もしかしたらあなたの求める音に近づけたらいいなと思います。やるかやらないかはあなた次第です。

ちなみに最短ではありますが格安ではありません。ここまでくると多少出費がかかります。世間ではウン百万の世界ですが、今の私でシステム代30万くらいかかってるかな?紆余曲折を考えると50万円くらいかかっているかも。お金の高い安いは個人の感覚もあるので何とも言えませんが、私的にはカーオーディオに30万、超高いです。でもその間の切った張った(貼った?w)と出てくる音を聞いたら・・・ ものすごくコスパはいいと思います。 

最初に言っておきますが、純正でもこれから書くことをうまく実践できれば、一般的には中の上、あるいは上の下くらいにはなっちゃうかも? 別にすごいのではなくて、世間のレベルが実は意外に低い・・・ 逆に純正のレベルがかなり高いという意味でもあります。 

ちなみに今回の内容は(も?)危険です。私自身DSPを使わない、アナログ的な組み方をしていますので、デジタル派の方はそのあたりをうまく読み替えてください。

前方定位はできたスピーカーは消えた

以前カーオーディオ初心者がDIYでカーオーディオ音質アップをするための記事を書きました。これ私のブログの1番人気独走中。あの記事だけで成り立っているといっても過言ではありません。ちょこちょこ書き直してはいますが、記事がデカすぎて修正しきれませんw 

「世の中には私と同じようなこと考えているけれど、何をしていいのかわからない人多いんだなぁ」と驚きました。記事を要約すると「点音源で前方定位を目指す」というものでした。

何人かの読者は私の話を信じてくれて、「スピーカーが消えた」「ホームでは出せない包まれ感」に驚いてくれますし、ここでカオデを卒業される方も少なくないというか、ほぼ卒業していきます。

一方で「低音もごもご」「もっとクリアに」「もっと気持ちよく」という手に負えない人たちがいます。重症です。

人間の欲というのは際限がありません。まぁ私も同じなんですが。

今回はおそらく読者の夢をぶち壊すような記事です。覚悟してください。対象はDIYでユニット交換できる人です。

ちなみに具体的な施工法やユニット名、設定数値は出しません。この辺りからはユニットとか、それなりのものがついていればいいです。専用アンプやサブウーファーが無くてもいいです。ヘッドのメーカーも何でもいいです。

参考までに私のシステムです。

さらに先へ進むための心得

どんなシステムでも(純正でも)考え方として「こういう風に考えておけば結局は近道」という指針くらいに読んでください。ユニットの選別とか、もう人に言われてどうこうするものでもないです。自分で決めましょう。

大切なのは今使っているユニットの性能をできる限り発揮できる設置・環境を作ってあげることです。各ユニットは本来の性能が発揮できて、初めて評価ができます。ユニット固有の方法なんてそうそうないです。電気で動く機械ですから、電気回り・設置方法さえしっかりできていれば、何使ったって性能は出ます。

世の中ではユニット性能を発揮させていない車が非常に多い。これはショップやメーカーのデモカーにも多い。何故か。使い方知らないか、次を買わせるためでしょう。たぶん後者と思いつつ実は前者。そのユニットの性能半分くらいでユニットは評価されているので、Webの評価とか無視でいいです。

自分が聞いて「これいいかも?」と思うならそれを試してみるべき。そして一度手を付けたらとことんそのユニットを使い倒してあげましょう。その時初めてあなたの真のユニット評価ができると思います

私はケンウッドのデッキ、ロックフォードのアンプ、クラリオンのスピーカーで、中古なら5万くらいのシステムで今回の内容をやりました。みるみる変わっていく出音に新発見の毎日、次第に周囲の評価も変わっていきました。この頃の私のシステムに親身にアドバイスをくれた皆さんは本当にありがたい。今でも大切なアドバイザーです。

次の一手の前に・・・

前方定位が出た人の多くの人は悩みます。「これで合ってるの?」。

こればかりは人に聴いてもらうとか、その筋の人の音を聴いてみないことには確認不能。ショップに行ってもいいかもしれません。この辺りの人は皆さんきれいに定位出てます。

不自然なほどに・・・

さて、次の一手は何でしょう。大きく分けて二通りあると思います。デジタル沼とアナログ沼。入口から途中までは一緒です。分岐点で別れて、様々な散財と苦悩の末に沼の底を目指します。

デジタル沼はかなりコストがかかる模様。コストがかかるだけに引き返す勇気がなかなか湧かなくて、そのままズブズブ逝くとこまで行きやすい。

私は怖くてアナログ沼に進みましたが、実はこちらもそれなりの進度(深度)に達するとコストがかかります。しかし支払った代償が少ないので、デジタル沼に比べ途中で満足して沼から這い上がりやすいかも?

私?もう戻れないかな・・・

世間の8割はWeb情報の波にさらわれてデジタル沼行きが多いみたいです。純粋にアナログ好きと、私のように物事をナナメからしか見ない偏屈者(貧乏人ともいう)がアナログ沼に入っていきます。

ちなみに沼の底を見たから偉いわけではありません。

途中で満足できるなら引き返す勇気も大事です。 

私は登山をしますが、無理すると死にますw 特に始めたころは無茶をしがちですが、そういうときが一番危ない。テレビで遭難しているニュースたまに見ますが、だいたい登山上級者が言いますよね「山をなめてる」。私は偉そうなことを言えないレベルですが、思いますね「調子乗りすぎたな・・・」かくいう私も3回位やばい思いしていますw

「引き返す勇気」とても大事です。

ちなみに沼の底には「感動で打ち震えてしまう」ような「音を聴いただけで人が泣き出しちゃう」ような車いませんw

たま~にカーオーディオの沼の底を突き抜けちゃった人が居います。そういう人の車は本当にヤバイ。ただこの人達の車は悲しいかなキワモノ扱いされがち。世捨て人?いやいや仙人レベルw しかもこういう人たちはオフ会など表に出てこない。仙人ですから。気まぐれに出てきたオフ会で巡り合えればラッキー。私の場合ブログを見て気になった人や、いいなと思う音の車の人の師匠を紹介していただいて、こちらからアポを取って聞かせていただいています。「そういうチャンスは大事にしたほうがいいよ」という師匠の教えですw

こういう人たちの音は物差しが根本から違います「定位?何それ」「ホームの音出したいの?んじゃホームやればいいじゃん」この辺りの人たちと世間のカーオーディオは求めるポイントが全く違います。

パッと聞くと「なんか変だけど妙に刺さる」的な音楽を奏でていて、その狙いに気づくとゾゾゾゾッと来ます。私も最近こっち方面に進んでいる気がしないでもない・・・

ただ、色々とお話を伺っていて思うのは「あぁ、このためにそれをするのね」みたいな、基礎部分に共通点を感じます。やり方も、使う部材も、本当に十人十色なのですが、求めるものは同じです。

それではとりあえず沼に入りましょうw

今回は沼の分岐点くらいまで。真面目にいうと基礎工事までかな。分岐以降はアナログしかわかりませんが、この基礎工事があるとないとでは、その後の進化にかなり差が出ると思います

世間はこの基礎工事もできていない状態でユニットをとっかえひっかえして誤魔化していることがほとんど。取り付け方・部材は「みんながやっているから」とか「良いと聞いたから」レベル。沼の底には行けると思いますが、突き抜けるのは難しい。

基礎工事をして何の意味があるのかを知ることは超絶大事です。これ無しで沼を突き抜けることは至難の業。

師匠は私の音を「もう沼をはみ出て海の底目指してる」と言ってくれますが、褒められているのか貶されているのか素でわかりません。とりあえず足掻いていますw



今回の目標

基礎工事の前に、音のバランスはとれているわけだから、いよいよ憧れの高級ユニットに手を・・・出しません

よく「この音こそ至高」「あたかもその場にいるような雰囲気になる」「原音そのまま」なんて表現で(私も使いますねw)スピーカーやアンプを礼賛する記事があり、またそれに倣うような記事もあると「そのユニットはそういうものに違いない」という憧れ・幻想が生まれます。

良いこと教えましょう

それ、全部錯覚ですw

そのユニットの評価を書いた人はそう思ったのかもしれません。最初は。でも多分今違うこと考えてます。「もっと上のユニットじゃなきゃダメだ」とか「ここが足りない」とか。実際に使ってもない人は妄想しても無駄です。

その前に今使っているユニット、本来の性能出してますか?わからないですよね。ユニットを買って取り付けて前方定位出たくらいだと30~40%くらいかな?それ以下かも・・・

デジタル沼でもアナログ沼でも基礎工事は大事。これをすることで性能は60%にはなります。当然出てくる音も、音飛びが良く元気になります。この辺りで引き返してもいいかな?と思えるレベルに余裕でなります

そこから調整して100%に近づけていくとどうなるか・・・ ユニットの粗が見えてきます。この時初めてユニット交換が視野に入ってきます。

普通は30%くらいであーだ―こーだ評価して、おいしいところの手前でユニット交換。ペア5000円のスピーカーだって10万円のスピーカー食えるんですよ?80%くらいまで性能発揮することができれば・・・

今回の目標はユニットの性能をできる限り引き出してあげること。それによってあなた自身の耳を鍛えることです。

ユニットの性能が発揮されればユニットのメリット・デメリットがわかりますし、耳が育てば自分の求める音の方向性が見えてきます。さらに先に進むためにシステムもあなた自身も準備ができます。

「人に言われたから」「Webに書いてあったから」「みんなが良いっていうから」これ全部ダメ。判断はあなた自身がしてください。

私自身がそうだったのですが「私はクソ耳なんで・・・」と言ってしまう人がいます。自信がないんです。でも自分で聞いて「アレ?これいいぞ??」という音って、実はみんな良いと思っています。「でもこれ、あの車と比べると低音出過ぎだな」「音がにじんでるな」とか考えて改悪しちゃうんですが、実は自分の耳や感覚を信じることはとても大事です。

そもそも人の車と比べる際に、比較対象が自分が追い求めている音ならまだしも「みんなと違うからダメ」なんてことはあり得ないです。だってみんながダメなんだからw

似たような話が続きますが、本当に大事だから何度も出てきちゃうんです。それではやっと本題に入りましょう。

コメント

  1. 青フォレ より:

    えらく力作なブログねぇ。
    お疲れ様です。
    「点音源で前方定位を目指す」←tyuruさんの求めるサウンドかなぁ?
    実際、マイクで録音してもならないからね。
    (ワンポイント録音は別)
    自分だったら車の中でも外でも同じ音が出ていれば良いかなと思いますよ。
    (最近、ノイズ対策をしたお陰で目処がたちましたよ。)

    • tyuru tyuru より:

      私いま前方定位は狙ってないです。なっちゃってますけどw 今は雰囲気と空気感を求めつつ自分の好きな低音を探してさまよってる感じかな。
      この記事自体は本格的にカーオーディオを教わるようになって、一周年記念作品です。カーオーディオ経験者にはイマイチだとは思いますが、これから始めたいなという人に、こんな考えもあるんだよ!みたいな。経験者でもニヤリとしてくれる人はいると思いますw

      • 青フォレ より:

        今は雰囲気と空気感を求めつつ自分の好きな低音を探してさまよってる感じかな。
        ←つまり、30cmのフルレンジスピーカーにしたいって事かな?
        自分も、それを狙っているのですが中々難しいですねぇ。
        車はインプレッサを乗ってますが悲鳴を上がってます。(爆)

        • tyuru tyuru より:

          20cmは興味ありますが、今あるシステムで行けるとこまで行きたいなと思っています。というか30cmってホーム用ですかね。
          私は車もユニットも完全にストック状態でやっています。自分では相当手をかけているので、誰が見てもカッコイイと思っていたんですが、見た目は純正でした・・・ ナビがない分、純正以下。でも脱ぐと(ばらすと)凄いんですよ!w

タイトルとURLをコピーしました