カーオーディオ デジタルとアナログ

スポンサーリンク

前回神の一手でアウディTTSの純正アンプがサイヤ人化しました(古w)。

とは言っても普通の人からしたら「元気になっただけじゃないの?」レベル。ここから調整をしていきます。

目標は今まで手塩にかけてやってきたスバルXV。1年半アナログで調整し続けたものと同じ音を目指します。

①まとまり
 音楽を聴いている際に音がただ広がっているのではなくエネルギーの塊として表現される感じ。私の場合は自分を中心としたときの聴こえ方が球になるようイメージしています。これがないとだらしない音という感覚があります。イヤホンで音を聞いたときって、そこまで音は広がらないですよね。これのスケールアップ版。

②音の積み重なり
 きちんと調律されたオーディオは自然の音と同じ聞こえ方をします。高い音は上に低い音は下に。高音はルーフの上から降り注ぎ、低音はフロアよりもさらに下から沸き上がります。尚且つ音は層となって積み重なります。これができると圧倒的な包まれ感が出てきます。カーオーディオではかなり重要要素と思います。

③個々の楽器の余韻
 個々の楽器にはそれぞれの響き方があります。例えばバスドラ(大太鼓)とスネア(小太鼓)で余韻の長さが違います。音が飛んでいる状態は響きを出しますが、これを突き詰めるとこの余韻のコントロールがされます。これができると「あたかもその場にいるような」雰囲気を醸し出すことができます。録音の環境ではなく、あくまで感覚的に雰囲気・空気感が出てきます。

スポンサーリンク

今回のシステムは・・・

TTS内装

アウディTTSには、前席と後席にそれぞれ低音用スピーカーと高音用スピーカー、ダッシュボード中央に雰囲気出し用のスピーカーの合計9個のスピーカーがついています。センターだけ止めて計8個で鳴らすわけですが、2個でも大変なのに8個とか気が遠くなります。前後のスピーカーそれぞれの音量や、どれだけ役割を持たせるか変えていたら、ゴールまで何年かかるのかわかりません。んじゃ面倒だからフルレンジかコアキシャル!と言いたいところですが、

今回はスピーカー関係はスピーカーケーブルも含めて純正!ドアの内張は取り外したことすらありませんw

純正アンプはDSPアンプで既にバランスがとられています。TT専用のチューンじゃないかな?そんじょそこらの社外システムよりはるかにまとまりが出ています。

「純正は音が・・・」とよく言われますが(車種にもよります)、コストダウンと量産の名のもとに見栄えはショボく見えるけれど、音は相当詰められています。音質は二の次ですが、まとまり・積み上がりがついているなんて超豪華です。世間は音質を取ってまとまりと積み上がりを捨てているといっても過言ではないと思います。

私もかつては「所詮純正」と言っていましたが、自分でいじり始めてから痛感しました。

「純正こそ知恵と経験に裏打ちされた至高のオーディオ」

そもそも純正にケチをつけている人、今のあなたの音、純正超えてます?音はキレイかもしれないけど、小音量から大音量まで満遍なく出せます?そして長時間聞き疲れ無く聞けます?またジャンルを問わずに80%の満足度で聞けます?

「できる」という人は相当良いシステムを組んでいるのかもしれません。ただ私カーオーディオ100台近く聞いてきて、そんな車まず聞いたことがありません。私が聞いてきた中では3台です。つまりそういう車に出会える確率は3%。ちなみにメーカー・ショップのデモカーは0台。そして、その3台の次に良い音と思うのは純正。あゴメン、XV忘れてた。4台w あ、TTS入れたら5台だ・・・

カーオーディオオフでかなりの手練れが数人、車を乗り換えました。でも皆さん乗り換えた車のオーディオをいじらない。「なんでいじらないの?」と聞くと教えてくれます「純正の音が良くてさ・・・」(あ、言っちゃうんだw)。苦労してきた人ほど、一生懸命やってきた人ほどわかっちゃうんですよね、純正の良さ。突っ込みどころはいくつもあります、でもトータルバランスで考えると、その音のレベルの高さに驚きます。

更に言うと、一部の仙人たちは純正をどこまで引き上げるかに心血を注ぎます。お金をかけて、機材を厳選して組んで良い音は当たり前純正をそれ以上のレベルに持っていくとかいう謎の世界になっています。私にはちょっと理解できませんが、ちょっと憧れますw 

そして実際に聞かされて、その音にぶっ飛びました。あの人たちは変態です(確信!

カーオーディオの調整

前方定位とかそういうのは初心者の話。今回のポイントはまとまり・積み上がりを壊さずに鳴らすことになります。

デジタル派アナログ派?

カーオーディオにハマってくると出てくるのがこの話。これ自体よくわからない。CDはデジタル音源だからデジタル派?そしたらアナログ派はレコードかカセット?wでもスピーカーはみんなアナログだから(クラリオンフルデジタルはデジタル)アナログじゃね?とか私も実はよくわからない。

なんとなーく思うのはDSPあったらデジタルじゃね?というくらい。でもTTSはDSPアンプだけどいじれないからアナログじゃね?と、もうちんぷんかんぷんw

でもいじり始めてわかった。ポチポチ調整はデジタル。つまりナビヘッドやDSPで信号をいじるのがデジタル。アナログつまみでグリグリやるのがアナログ。どちらが良いのでしょう。

私はやりませんが複数スピーカーのネットワークが一番わかりやすいかな?デジタルならパソコン繋いでポチポチ。アナログはコンデンサやコイルを使って、組みあげて試聴し、また組み上げては試聴をします。

デジタル調整

高級DSPならパソコン繋いでポチポチ。ナビなら設定は大雑把(といっても私には多すぎ)ながらポチポチ。出音もそれに従って変わるので楽。とにかく楽。音の魔術師になったような気分になります。ケンウッドのナビで私がそう思ったくらいなので、高級DSPを使っている人ならば音の呼吸を手に入れ、音柱になったくらいに思うでしょう(鬼滅の刃ねw)。

鼻くそほじりながらピコピコいけるんで苦労が無いです。

ただ問題点もあります。1か0の調整なので0.5とか0.78とかの微調整ができない。高級になればなるほどスピーカーごとの調整幅が増えていきますが、あり過ぎても困るワナ。頭がおかしくなりそうになって初期化します。私はね・・・ すでに何度リセットしたかわかりませんw

デジタルシステムの出音は・・・理路整然としていてものすごくキレイ。これは私自身驚いた。これXVでは出せないキレイさ。スッキリ清々しい。そして世間の音がなんだかんだデジタルなんだなと思った。同じなのでw「あ、俺でもこんな音出せるのか!」と今さら気づきました。

アナログ調整

私の場合、取り付け法や部材で調整。フルレンジなのでw 時として線を変えてみたりあんなことしたりこんなことしたり、とにかく手間がかかります。聴感で予測を立てて、実際に施工して出音に一喜一憂する感じ。手間がとにかくかかります。一つの目的を達成するのに一週間なんてラッキーな方。一か月かけるくらいの気持ちでやっています。

調整した音が次の日に変わっていくなんて当たりまえ。毎朝車に乗ってチェックして一喜一憂w 

デジタルとは逆にとにかく微調整が効きます。これはもう経験がものをいう世界。初心者はなんとなーくですが慣れてくると狙った音が出せます。

そしてアナログシステムの出音は・・・情緒的?雑味多め?でも音楽が楽しい。なんか汚い、出てない音がある、でもなんかいい。何がいいかわからないんだけど面倒だから「気持ちいい」としておきますw

実はどっちでもいいw

やってみて気づきましたが、デジタルでもアナログでも狙う目標は同じ。まとまりと音の層ができるならばどちらでもいい。ただ出音の差をどう捉えるのかです。音色とか音質は調整以外にもユニットの性格なども出てきます。

目標に到達できればいい。

TTSが鳴り始めて気づいたのですが、デジタルはモニターイヤホンのよう。音のひとつひとつがきれいで整然としています。アナログは多少の音のにじみ、解像感あり過ぎなさ過ぎはご愛敬、それがライブ感を生みます。

この二つは人の好みで好き嫌いが分かれると思います。

「オーディオ的」「理路整然とした音楽」を求めるならデジタル。ビックリするくらい音がなじんだ整然とした音楽になります。

「ライブ感」「情緒感」を求めるならアナログ。音のムラもあるかもしれない、素っ頓狂なとこから音が出てくるかもしれない。ただドキドキハラハラが楽しい。

注意点

注意することは、どちらで目標に到達するにしても

木を見て森を見ずにならないこと

音楽全体のバランスを考える。音の像をあまりにも好き勝手に触ると違和感が出る。すると「音楽を聴く」ではなく「不思議な変わりものを見る」になる。変わりものを見るのは必ず短時間で飽きる。いったん決めた音を短時間でコロコロ変えるのはこのため。

オフ会レベルだと早々いませんが、たまに試聴をお願いして一曲聞かないで降りるという「人としてそれはアリなのか・・・」という行動をとる人がいます。聞かせる方はご自慢の音ですから「え?なになに???」となるのですが降りる理由は「まとまり」と「自然さ」が無いのです。これが世間のカーオーディオには欠落しています。

無理のあるタイムアライメントはまとまりを崩し、全体が歪みます。そして音にこだわりすぎて低音が上から出たり、はたまた下から高音が出てきます。音楽好きはこれを許さない。

でもこういう人はオフ会には出てこないから気にしないでもいいですwでも・・・世間一般の人はこちらです。

変な音のカーオーディオってどこで聞けるの?というあなた、安心してくださいありますよ。Youtubeの「高音質 カーオーディオ」に出てくる9割の音は変です!

そして改めて思った。

タイムアライメント、お前はダメだ。

最初「俺もオーディオオフの一員みたいだ!」と感動するけれど、やはり縦も横も狭すぎる。ウィンドウで音がゲッソリ消える。不自然すぎる。いろいろいじって「おぉぉぉ俺でもこんな音出るのか!」と思って師匠に内緒で聴いてたけど、5分で飽きた。要らん。多分仙人クラスは「俺は3秒で飽きた」と言いますね。人によっては「乗る前にわかった」と言うことでしょうwww

コメント

  1. 青フォレ より:

    スマホにて試聴しましたよ。
    聴きやすさはデジタルで余韻や深みはアナログでしょうか。
    また、今回のアウディはどちらかと言えば横マルチでしょうか。
    (AVサラウンドの使い方)
    その使いこなしはKKMさんに近いですかね。

    立マルチで良かったなぁーと思うのは、サウンドサスペンションさんの3年前のデモカーとホームオーディオでは出水電器でDEQXを使ったのが良かったですねぇ。
    まぁ何れも出川式電源に使われているパーツが入っているんだけどね。

    • tyuru tyuru より:

      さすが聞き分けしちゃいますねw 難しい話はわからないのですが、TTSは今風な良いオーディオの鳴り方、XVはワクワク感たっぷりのアナログ感が出ていると思います。情熱大陸とか聴き込んだこと無かったのですが、特にXVは演者が楽しんでいる感じ、情熱的な感じが出てると思います。眼を閉じて音量高めに聴くと、自画自賛になっちゃいますが感動しますw

      • 青フォレ より:

        tyuruさん
        オフ会で沢山のカーオーディオを聴かれていると思いますがこの中で電気自動車やハイブリッドカーでこれは良かったなぁーと思うのは有りましたか?

        • tyuru tyuru より:

          皆さんキレイだなぁとは思いますが、感動するというのはなかったかな。そのあたりはもう世間と聴きどころが違ってしまっているので、なかなか無いです。

          • tyuru tyuru より:

            1台有りました。ハリアーハイブリッドで凄いのありましたね。音が出た瞬間びびりましたw

          • 青フォレ より:

            会ったんですね。(笑)
            これからの車はハイブリッドカーが増えて来るので参考にすると良いよね。

  2. toyland より:

    こんばんわ。
    試聴しながらコメントさせてもらってます。
    TTSびっくりです!
    ここまで粒がハッキリでるもんなんですね(゜o゜;
    何か迫るものを感じました。
    うらやましい!

    • tyuru tyuru より:

      ご試聴ありがとうございますwTTSに関しては「Audiのサウンド担当の人ありがとう」としか言えません。いろいろ弄っても最後はフラットに戻るので、今まで「鳴らねー」と嘆いていた自分が恥ずかしいw ただストックのままだとここまで出ないんです。10年近く気付きませんでしたし。
      Youtubeの動画より音は実際良くなっていて「あー社外品入れてこのバランス崩すのはいやだな」というレベルにはあると思います。TAを使わないので、カオデやってる人からしたら、リアは目立つしダメなのかもしれませんが、どのジャンルの音楽も満遍なく鳴るので気に入ってます。

    • すーぱー泥沼君 より:

      職場からおはようございます。
      DXZやっと近所で見つけまして購しました!
      まだ接続してませんが。笑
      tyuruさんはヘッドはusb接続ですか?

      • tyuru tyuru より:

        USBは使ってないです。この記事にあるAUXケーブルですね。
        多分今のIOSだとiPhoneを認識しないと思います。私のはしなかった・・・

        • すーぱー泥沼君 より:

          すみません。2ページ目を見落としてました!笑
          また接続しましたら報告させていただきます。

  3. プー助助 より:

    初めまして!自分もカーオーディオにハマってます。
    このブログを参考にし実践して、やはり間違い無いなと思いました。
    今までは何なだったのかと思います。
    デッドニングやダッシュにツィーター等。今まで変な音楽聴いてたんだな〜と…
    今はクラリオンsrt1633をポン付けで聴いてます。勿論全て機能はOFF。デッドニングも剥がしました。おっしゃる通り音が飛びライブ感があります。
    ここで質問なんですが、純正のナビダイアトーンが付いてて音源が、Bluetooth、USB(CarPlay)、AUXとあるんですがどれを聴いてもなんか違うかな?程度しかわかりません。Amazon MUSICで聞いてますが、どれが1番音質はいいんでしょうか?

    • tyuru tyuru より:

      何をもって高音質と考えるかによるのと、ナビデッキの性能によるところが大きいです。
      このサイトの鳴らし方ならばAUX>USB>BTになると思われます。ただダイヤトーンのAUX受けがどうなのか次第かな。
      TTSで使っているケンウッドのZ904はAUX入力が小さくてイマイチパワーが乗り切らないのでUSB>BT>AUX。
      最近このサイトだけで噂のDXZならAUX>トランスミッタ利用のBT>USB。
      やはり環境によりますねw

      「何かが違う」と感じるってのがやばいです。世間一般は「音質」を求めます。「全体の音楽・雰囲気」を求めるってのはこのブログですw
      それなりに今までハマっていたようなので、設置とか電気を見直せば数倍良くなりますよ!

      ちなみに優れたシステムは音源は選ばない。どんな音源でもそれなりに鳴らします。「音質」は二の次、「音楽」を求めるので。
      最高の音源は私は今でもCD。調整等はCDの利用をおすすめします。

      • プー助助 より:

        コメントありがとうございます!
        音質を求めてしまってる事でまだまだ未熟ですね。精進します!
        ただ、取り付けを見直しただけで、ここまで音楽が楽しくなるなんてホントにビックリでした。
        このブログに大変感謝してます。

        やはり音楽は楽しく聴かないとですね!

        • tyuru tyuru より:

          音質を求めるのは悪いことではないですよ。ただ優先順位をどうするかかな。ストレスなく、心地よく聞けるのが良いですよね!

  4. プー助助 より:

    質問なんですが、内張りに純正でシンサレートが貼ってあります。
    これも外すべきでしょうか?これって静音の為に付いてると思うのですが、外してもそれ程静音は変わらないのでしょうか?

    • tyuru tyuru より:

      私の場合、静音・遮音・吸音のものは取っちゃってます。スチロールとかは強度のためだと思うので残してあります。
      フルレンジ・コアキシャルの場合はドアの振動は大切なのでそんな感じ。
      根本的に震えない車は残して多チャンネル化ですね。

    • プー助助 より:

      また質問させて下さい。
      AUX、Bluetooth、USB接続試したのですが、USBだと音量調整がナビ側になります。AUXとBluetoothはiPhoneとナビで音量調整ができます。
      USBだとナビの音量MAXが40なのですが、12.13位で爆音になります。調整の幅が狭すぎて丁度いい音量になりません。
      音量上げた時にAUXとBluetoothの方がとてもバランス良くなるし音圧も上がります。USBだとごちゃごちゃ煩くなり音圧も上がりません。
      そんなものなんでしょうか?
      世間一般的にはUSBの方が音が良いってなってますが自分は当てはまりませんでした。
      楽しく鳴ってるのはAUXとBluetoothでした。

      • tyuru tyuru より:

        USBは固定になってヘッドのみ、AUXとBTはソースユニットとヘッドで合わせられます。
        USBが良いとされるのは、デジタルだから情報量が多いとか、正確ということですが、私もこの音はつまらないと感じます。
        モニター的に聞くならUSBですが、楽しめるのはAUXだと思います。BTは以前は常用していましたが、最近は淡白に感じるので使わなくなりました。

タイトルとURLをコピーしました