カーオーディオ PHASSの修理とエージング

スポンサーリンク

私の愛用しているフロントスピーカーはPhassのFD0590ex。4月にコロナによる緊急事態宣言が出た後、暇に飽かせてカーオーディオを集中的にいじっていったら、なんだかんだものすごい音になってきて「いよいよ終わりが見えてきたか・・・」と思っていた。

スポンサーリンク

PHASSを壊した・・・

ただ一つ心配なことが・・・ 大きめの音量で低音が出る際に左前から音に合わせて「カチカチカチ!」と打音がするときがあった。再現性はなくて「たぶん取付がおかしいのかな?」くらいに思っていて、そのうち直そうと思って使っていた。

情熱大陸XV
この時既に曲によっては打音が出る状態でした

GWの始めに、「んじゃバッフルでも作るか!」となり、交換をしようとしたところ、バッフルはおかしくない、取り付けも悪くない・・・ん〰となって、上下をひっくり返してみたり、左右を入れ替えたり、それはもう手間暇かけて検証したところ、片方のスピーカーのバスケットの中からやはり打音が出ていた。

このスピーカーはもともと師匠から譲り受けた中古品であったし、この1年半、仕組みもよくわからないのにあれやこれやとかなり無理させていたこともあったので、思い切ってPhassに修理に出してみた。

外したスピーカーを梱包し、中にはお手紙で症状と再現方法を同封。元払いで発送した。同時にメールでPhassに修理依頼をした。

流れとしては

①到着後にPhassで確認

②確認後に修理見積をもらう

③修理代金がOKならその旨を伝えると修理

④修理完了後返送されてくる

Phassでも打音は確認されたようで「過入力によるボイスコイルの底付き」らしい。やり過ぎたかw 皆さん気を付けてね。

ちょうどこの時期にPhassが新製品を多数出していて(FD0590exは型落ちになりましたw)、製造ラインが空いていないということだったが、別にきちんと直ればいつでもよかった(その間リアのFD0496でいろいろ実験していたw)ので、その旨を伝えて気長に待っていた。

が、1か月近く経っても連絡がなく、もう10センチは充分楽しめたのでw催促のメールを発射。タイミングよく?ラインが落ち着くとのことで、それから1週間くらいで返送されてきた。

Newコーン。インナーコーンは接着のようで丸ごと交換となります。

修理は片側だけでは気持ち悪いし、やるなら完全にオーバーホールしてもらいたかったのでアッセンブリーで交換。どこからどこまでがアッセンブリーなのかすら知らないのだけれど、コーン迄新品で直してもらえた。Phass素晴らしい!

そして早速入れ替えてみたところ・・・音が違い過ぎる!w 悪い意味で。

一応修理前のアンプは車から降ろして自宅保管していて、それも一緒に乗せ換えたのだけれど、どうにもキレイ過ぎる。

そこからしばらく聞き込んで、まだ元には戻っていないけれどエージングによる音の変化。

今までは安いスピーカーしか買ったことなかったし、システムもポン付けで音の評価とかエージングなど気にもしていなかったけれど、さすがに今回はいろいろ気づかされたのでスピーカーのエージングの話など。

スピーカーのエージング(PHASSの場合)

新品のスピーカーは全体に音が硬い。カリカリした感じで鳴る。そして低音は出ているけれどボワボワして解像していない状態がスタート。

しばらくすると高音がきれいになってきて上(高音域)が伸び始める。より高い音まで出る感じ。低音のボワボワは収まらず上に伸びつつもスピーカー位置はバレバレ。

更に待っていると急に音に立体感が出だす。おそらく低音が解像し始めたのだろう。ただし片側づつw 私の場合は「アレ?スピーカーまた壊した!?」と焦るレベルで、まず左前の音が急激に変わった。

そしてもう一方が鳴り出したときには「アレ?耳がおかしくなった・・・どうしよう」と素で焦るレベルで音が変わったw 最初ヴォーカルが後ろへすっ飛んでいったと感じて愕然としました。おそらくハーモニーがとれたことでステージが急激に広がったのだと思う。「良くなった」というより「全く違う音になった」感覚だったので焦るばかり。10秒くらいの間にグワーッと音が変わっていくので驚いた。ふと我に返って改めて聞き直したときに「なんだこれスゲーぞ!?」となりました。

左右がハモって初めて「あーこれがこのスピーカーの音か!」と感動したけれど、一方で疑問が。「前の音と違う・・・」どうにもキレイというか上品すぎる。ほんと「新品です!」的な美しさ?本来のPhassはもしかしたらこういうものなの?と思ったが、ここからさらに変わっていくらしい。

仙人2人に確認したところ、ここからさらに変わっていって、そこから劣化が始まるということだった。なんだかんだで100時間くらいでこれなのかな。業務用のスピーカーはエージングに300時間かかるのだとか・・・

そして現在

また1からとは言わないが、相変わらず変なことをしているので(懲りないw)もう元の音には戻れないw

が、また違った世界に突入している・・・ハズ。先のような劇的な変化はないのだけれど、気が付くと深みが増しているような、細かな音まで出始めたようなという感じ。

カースピーカー取扱いの注意点

今回スピーカーを壊してしまったので、注意点など。

怖いのは過入力と水らしい。

私のような素人は「歪まなきゃいいんでしょ?」と思っていたが(思わない?w)、歪むのは悪ではないらしい。それこそ音源が歪んでいる場合があるから、歪みは味にもなるということ。

ただ一般に売られている音源でも超低音がいきなり入ったりする音源は、あまり大きい音は出さない方がいい。通常の音源のさらに下の音が入っている音源(普通わからないよな・・・)や急に超低音がドカーンと出る曲には要注意。私の場合心当たりが・・・ありまくるw そういえば去年の暮れにある仙人に「このCDはシステム壊すなぁ」と言われたことを思い出した。何のことやらわからなかったけれど、身をもって知る羽目になった。

そしてスピーカー取付位置がドア下方の場合、スピーカーに雨傘はつけておいた方がいい。バスケット内に水が浸入して、その状態で信号が入ると、コイルにダメージが蓄積されていくのだとか(PHASSからのアドバイス)。私の場合は傘はつけているので(純正もついてますよね)これはないと思うけれど、昨今の大雨はちょっと怖いかな。たまに内張外して確認した方がいいかもしれない。

最後に・・・

超高級スピーカーでも消耗品なのでいつかは壊れる。お気に入りの一品なら大事に使いたいもの。私は何が何でもPhassという気もないし、人に敢えて勧める気はないが、修理可能というのはカースピーカーでは珍しいようでユーザーとしては非常にありがたい。対応も丁寧でさらに愛着がわいた。

今回FD0590exは新品に近い状態になったので、大切に使っていきたいと思います。というのは表向きで、既に過酷な実験中w 壊さないように注意しながらですw

コメント

  1. 青フォレ より:

    治って良かったですねぇ。
    今後の事を考えてチャンデバ入れます?
    それとも、もう1回飛ばしてノンプレスコーンに替えて見ます?(爆)

    自分もウーハー逝っちゃいました。(爆)

    • tyuru tyuru より:

      エージングに悩まされましたよw いまはやっと元の音になりつつありますが、まだ本調子じゃないかなぁ。
      到達点がわからないので何とも言えませんが、同時進行でまだいじってますので無間地獄に入っていますwもうすぐ一段落しそうだけど。

      サブ飛ばすって音量大きすぎw

タイトルとURLをコピーしました