登山アイテム ARC’TERYX ATOM LT HOODY

P1020540
登山グッズ紹介第2弾。

年初に大山で道迷いして以来、本格的な山装備を探そうと思いいろいろ探しては買い漁っている。しかし、山用品って自転車グッズ並みに高いw ブームといってもかなりマニアックな遊びなので、ショップの言い値なのだ。私の住む横浜でいうと、横浜駅のカモシカ、県庁そばのICI・PATAGONIA最近ではマムート、リーフみなとみらいのモンベルあたりがこの手の商品を扱っている。パタゴニア・マムート・モンベルはメーカーの直営店、カモシカ・ICIは総合ショップみたいな感じで色々と置いてある。んで、いろいろ見て歩くわけだが、たまに良いのを見つけてもサイズがないとか、微妙に合っていないことも多く、なかなか決めきれない。

雑誌を見ても、目移りするばかりでわからなくなるし、結局ネットでいろいろと調べて行くうちに、高いけどモノが良いということで知ったのがカナダのアークテリクスだ。

ちなみにこのメーカー、日本の代理店で買うとガーミン並みにものすごい値段w(海外価格の倍近い値付け) ただ海外の価格を調べると、確かに普通のメーカーよりは割高ながら日本代理店で買う価格に比べ、半額とは言わないまでも6割くらいの値段で、日本で買う他メーカーの値段とと大して変わらない価格で買えることを知った。

それならばと円高だったこともあり海外通販で何度か輸入をするようになった。着るものを通販というのが怖かったのだが、ダメならだれかにプレゼントする覚悟で安いものから買いはじめ、サイズを合わせてみると、サイズチャートのSが私にぴったり。しかも海外ではSはあまり売れないようで、すぐにバーゲン品扱いになる。ということで一気にアークで上から下まで揃えてしまった。ハードシェル上下(雨具兼用の上着)ソフトシェル上下(行動着)あと小物が何点か。そしてこの夏にやはりバーゲン品で買ったのがこのATOMなのだ。

ちなみに山用品は割高だと書いたが、それは街中で着ると考えた場合で、実際に山で使うなら値段に見合う性能を持っているとは思う。軽量・撥水性・動きやすさ等は山用品ならではの良さがある。また日本の山なら本来モンベルが最強かもしれない。ただデザインと色は問題があると思うw

P1020541

まぁジャンパーw 日本で買うと30000くらいかな?モノを見るとペラペラっぷりに驚くし、その値段に驚く。去年からこれを何となく狙っていたんだが、この色が今年のモデルに無いこと、バーゲンで140ユーロだったのでポチッた。関税で3000円かかったかな。

写真よりも実際は薄いので、アウターにするにはちときつそう。でもちょっと外に出るのには充分だし、中にフリースを着れば真冬でもイケちゃいそう。薄い割にかなり保温力は高い。

P1020542

裾のドローコード。これって山に登るまではお飾りだと思っていたのだが、山では結構重要。風の侵入を防ぐ。グローブをしていても片手で締めたりゆるめたり出来るように作られている。

P1020543

内側。このジャケットは脇から下がジャージのような伸縮素材になっていて、風がスースー入ってくる(かなり入ってくる)のだが、登山中に暑い時などは逆に熱気が抜けて行くので、ありがたい。行動中はアウターになるし、極寒ならこの上にハードシェルを着れば保温着にもなる。またこのオレンジの内ポケットの中に丸めて収納が出来る。

P1020538

こんな感じ。春・秋に保険代わりに持っていくのにいいかも。山小屋で使うならダウンの方がいいと思う。

P1020545

フロントジッパーを上まであげると鼻まで隠れる。実際の行動時だと顎くらいだろうか。これが結構ありがたい。風の強い時などは耳まで隠れる帽子とこれで結構暖かい。

このメーカーの製品は(山用品はどこもそうだと思うが)何にしても意味のある作りなのがすごいと思う。また撥水性もかなり高く、多少の雨や雪は充分すぎるほどはじいてくれる。

町中でもそこそこ使えて、山にも持っていくことが出来、アウターとしても中間着としても使えるという汎用性の高さは誰にでもオススメ出来る一枚だと思う。似た製品でパタゴニアのナノパフ(定番)といい勝負なんじゃなかろうか。値段も輸入ならいい勝負しているのであとは好みかな。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク