カーナビについて考える(スマホ・タブレットのカーナビ化)その4

1DIN用リヒタ―マウントの作成

 

いつものことですが1万円のスチール製マウントをケチって自作しようとしたら、結果的に1万円近く買い物しましたw 材料自体は1000円くらいなのですが、工具とかアレコレ買っちゃった・・・まぁ工具は他のことでも使うのでいいのですが、タブのマウントだけを考える場合、仕上がりも考えるとPROVILEさんのマウント買った方が安くなるかもしれませんw 工具ある人なら自作の方が良いと思います。

 

さて、1DINボックスは市販のプラ製のモノを使います。これに垂直のステーを美しく付けたい訳ですw Google先生に聞きながらホームセンターでいろいろ見て回ると、ブックスタンドがなかなかいいかもしれませんが、はみ出てしまいます。鉄のステーを組み合わせて作ろうと思っていたのですが、ボルトが飛び出たりするのが嫌だなぁなんて思い、アルミ板から全部作ることにしました。

DSC01737

今回使っている1DINボックスの内径は高さ4センチ強×幅15センチ強×奥行き12センチです。10×30で板厚0.8のアルミ板を買ってきました。これを半分にして上下をリベット留しようと考えました。

 

アルミ板はカッタ―で切ることができます。0.8mmだとフニャフニャで簡単に切断できます。写真は普通のカッターで切ったようになっていますが実際は書籍自炊用のカッターで切りました。ここまでは完璧ですw

DSC01740

しかしこの時、あることに気付きました。4×15の大きさってなんか見たことある・・・ む?こ、こ、これは!PCケースの5インチベイではありませんか!w 探してみたらかっちょいいのが出てきました!Coolermasterの黒メッシュとAbeeのアルミです。現物合わせしてみると、きっちりBoxを隠してくれます。

DSC01740

うへ俺天才すぎる!今回はCoolermasterの方で行きます。メッシュだからネジ穴作らなくていいだろうしスチールだから強度もそこそこ、しかも見た目がカッコイイ!

 

そして悪戦苦闘の末、アルミ板をステー代わりに延長し、ベゼルの両脇にリベット留めしてみました。ちなみにこれAmazonでもっといいのが売られています。おそらくこの記事を見た人が買い漁るに違いない・・・

アイネックス 5インチベイ メッシュベゼル PF-002A
B00EVBBJO0

DSC01741

うぉおおお完璧ですwww しかもボックスに接合しないでもガッツリハマります。しかし更なる強度を求め見つけたのが・・・


DSC01743

壊れたCDドライブ。これの中身を外して、鉄のガワで補強します。しかし、鉄は手ごわいw金切ばさみで悪戦苦闘し両面テープで貼り付けました。ちょっと見た目がアレなんですが、鉄の切り口修正するのも大変なので挫折しました。また、ステーがちょっと内向していますが側面がガチッとハマり込むので強度はかなりあります。


DSC01744

そして取り付け

DSC01747

完璧じゃ・・・ iPadを載せます。

DSC01748 

あまりの美しさに人知れず涙を落とし侍りぬって感じです。まぁでも大きすぎて使いづらいんですけれどねw

 

iPadで実走してみたところ、多少揺れはでますが、これはマウントの強度とiPadの重さの問題でしょう。XperiaZ3なら問題ありません。ただiPadだとユニットを完全に覆うので、パイオニアのリモコンが一切効かないですw リモコン移動!またエアコンまで完全に見えなくなっているのでトータルバランスがガタ落ちです。

しかもiPadのドライブナビだと地図が美しくない!あとセンサーユニットが無いと高架下の自車位置のズレがやはり気になります。GoogleMapも試しましたが、同じく位置が気に入らないのと、優秀すぎてコロコロナビルートが変更されます。一番困るのは高架下の交差点で「右折です」

かなりいい感じに仕上がったのですがまだ納得いかない。車に載る>サッと設置するができません。ここまできたら更なる高みを目指しますw

その5へ飛びます

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク