Galaxy note 8 ゆるすぎるレビュー その4 Spenに震えろ!というか震えたw

iPhoneXも発売されましたね。Note8最高といいつつiPhoneXも気になっていましたが、レビューを読む限りでは私にとってはNote8が至高と再確認しました。

外観レビューはこちらでどうぞ

それではまともにレビューです。比較は3年前のXperiaZ3なので「そんなのあたり前だろ?」みたいなことも偉そうに書くと思いますが、忖度お願...

ゆるすぎるレビュー4回目はNote8の代名詞、Spenをレビューします。

スポンサーリンク




Spen使用方法

Spenは本体右下に格納されていて、押すと取り出しやすいようにちょこっと飛び出てくれます。引き抜くとSpenモードに入ります。

細かなところまでよく考えられています

電源オフ時はそのまま手書きメモに。ペンを戻せばまた電源オフになり、メモは保存されています。ペンを抜き、書き、しまう。他のボタンは一切押さずに保存までされています。ものすごく便利!

電源オン時はSpen用のランチャーアプリ「エアコマンド」が立ち上がります。任意で組み換え可能。

ペンを抜いた状態でもエアコマンドは任意の場所に配置しておくことができて、様々な機能をそこから起動させることができます。

Spen書き味、ApplePencil比較

ともにガラスフィルムを貼っているので、正確な表現ではないかもしれませんが、Spenは「ねっとり」ApplePencilは「カツカツ」といった印象。Spenはペン先が沈み込むようにできていて、ApplePencilにはそれが無いための差だと思われます。ちなみにSpenは「Wacom feel IT technologies」 搭載端末なのでfeel対応スタイラスなら何でも使える模様。どちらが良いとは言えませんが、画面の広さもあってiPadはじっくり書くのに適していて、Note8はメモ書きやちょいとした書き込みが得意な感じです。

もちろんパームリジェクション(手のひらは感知しない)が効きますので「これ失敗」とか「これまた書き直しだよ」なんてことはありません。本当に快適!

Spenでできること

Spenはメモだけでなく様々な機能を持っています。

そもそもpenがあると普段使いもpenメインになるくらい快適です。

メモ

所謂メモ帳。思いついたこと、咄嗟のメモ、なんでも思い通りにメモることが可能。書いたメモをそのまま印刷もできるのが秀逸。印刷はGoogleCloudPrintを使っていますが、この連携は絶妙です。仕事で大活躍中。ペンの種類、太さ、色は自由に選択可能。

ライブメッセージ

撮った写真に派手な筆跡効果を入れた写真を作ることができます。ただの写真にアクセントをつけることができて面白いかもしれません。まぁ若い人向けでしょうw

文字数(書き込み数)に制限あり。画数の多い漢字は苦手です。

キャプチャ手書き

画面キャプチャをしてそのまま注釈を入れることができます。画面だけキャプチャしておいて後から書くことももちろん可能。Appleよりこの辺りがとてもやりやすくなっています。キャプチャ自体は画面ならば「電源+ボリュームダウン」の同時押し、Webページを丸ごとキャプチャする場合は手のひらを画面右エッジから左エッジへなぞることで可能です。

ルーペ

Penがあると指で操作するよりもペンで操作することが増えます。その際にルーペで拡大表示が可能。100-300%まで設定可能。まぁ使わないですw

小窓表示

Note8はAndroid7なのでマルチウィンドウ対応ですが、それとは別に小窓表示が可能

翻訳

これが何気に便利。WebでもPdfでもなんでも翻訳してくれます。単語を訳すモードと文章を訳すモードがあります。翻訳機能はGoogleのエンジンを使っているそうで、かなり良くできています。

下の写真はEvernote内のpdfをそのまま翻訳しているところです。

塗り絵

「PENUP」というアプリが入っていますが。暇つぶしにいいです。周囲が囲まれていれば塗りつぶしていく感じ。塗り絵というか色のせって感じです。

スマート選択

画面に映っているものならば何でも任意の大きさで切り取りが可能。特にアニメーションに関しては動画をGIFで切り取ることが可能。

Spenまとめ

書き心地はもとより、Spenを使ってできるであろうことがすべて網羅されているのが凄いです。iPadProはメモやノート、お絵かきに確かに優れていますが、ここまでの発展性は思いもよりませんでした。断言しますApplePencilより機能面は使いやすいです。

この記事を書くのに、今まで使っていなかった機能を全部試しましたが、使えば使うほどこの端末の凄さに驚かされます。指だけでは対応しきれない細かな作業もSpenを使うことで可能になっていますね。

メモを取るだけでなく、ネット上にあるあらゆる情報を収集するのに便利です。キャプチャはもとより、画像の取り込みも自由自在、注釈ももちろん入れることができて、すべてEvernoteなりに放り込めます。iPadだと「これどうするんだっけ?」といろいろなアプリを行ったり来たりしますが、それがありません。エアコマンドで直感的にできます。

というかこれのタブレットってないのかな? iPad proを軽く超えているけど・・・ SAMSUNG舐めてました。ここまでの端末とは思っていませんでした。近々Galaxyのノート出ますよね。SUrfaceと真っ向勝負のスペックで、Note8を大画面にした感じに見受けられますが、iPad売って買っちゃおうかな・・・

話がそれましたが、スマホ+penと言うのは今までのスマホの常識を覆す可能性を感じます。Apple一辺倒でAppleのやることが常に新しいと信じていた私ですが、サムスンの方が実はすごいんじゃないかと思い始めています。Spenによる操作性の革新は、使った人にしかわからない世界だと思うし、そういう意味では日本は遅れているのかもしれない。

この端末、確かに価格設定高すぎるけど、それだけの価値ありますね。凄いです。もうSpen無いならスマホは電話とLINEとオサイフケータイだけでいいので、格安でいいやw

まだまだ続きます

世の中はiPhoneXレビュー一色ですが、Note8のレビューもちらほら出てきています。まぁどれも(このブログも含めて)似たような話なのです...
関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク