Tyuruビビる ebayでお買い物 Arc’teryx Alpha SL Hybrid Jacket

 瑞墻山・金峰山以来、仕事と天気のタイミングが合わず、なかなか登山へ行けません。来週久しぶりに行く予定なのですが、私の場合、山行前に何でもいいのでひとつアイテムを買いたいというのがありますw シャツの時もあれば帽子の時もあるし、タオルなんて時もあります。だいたい山行前の仕事のついでに横浜の山道具屋さん(カモシカ・ICI・patagonia・mammut・monbell・A&T)あたりををブラブラと眺めて「何かないかなぁ」と探します。買ってみて良ければそのまま使い続けるし、思ったほどの破壊力が無ければ、普段使いになります。

 

1万円以内の物はだいたいこの時に買い揃えるのですが、高価なものは円安の恩恵を享受してきた名残でwなかなか店頭では決めきれません。店頭の在庫で何かを買っても(例えばセールで、普段は着ないけれど山には良さそうなシャツなど)後悔することの方が多かったりします。これっておかしな話なのですが、悩んで買うとロクな買い物をしないのが私の宿命な気がします。通販だと調べまくった末に価格も安い物を探しまくって、熟考を重ねるので失敗が少ないのかもしれません。

 

そんな中で以前からずっと買わないといけないなぁと思いつつ買えなかったのが登山用のレインウェアです。買えなかったのは、ゴアテックスの新規格がこの秋物から適用ということと「コレしかない!」という製品に巡り合えなかったというのがあります。山雑誌「岳人」「山と渓谷」のレインウェア特集を何度も読み返したのですが、デザインやコストパフォーマンス的に「コレ!」というものもなく、また、よくよく考えると降水確率が高い日には山に行かないのでw、まぁ急ぐこともなかったわけです。

 

ただ近々ちょっと長い山行の予定が入っていて、天候を選べず、今までは冬用のハードシェル(アークテリクスのBeta ARとAlpha SL Pants)をレインウェア代わりに持って歩いたのですが、仲間から「もったいないし重いだろ!」と突っ込まれていたこともあり、探すことにしました。が、今まで見つからなかったわけだし、雨だけの為に専用雨具を買うくらいなら、薄手のハードシェルの方がなにかと良いかなと思いはじめ、また円がまた上がり始めているのでw、海外通販で探すことにしました。話がでかくなっていますね・・・

 

大雑把にいうと、海外では基本的にレインウェアというカテゴリーが無く、雨具というのは高温多湿の日本の独自の発想で、雨具の変わりがハードシェルとなります。予算3万円くらいなので種類には困りませんが、ここでまた変な考えが・・・ ebayを使ってみようと思ったのです。円は安いといっても以前は70~80円台のときに買っているので配送料もばかにならないし、転送会社の料金ももったいないなと・・・ 高い金額で買う割には変なところせこいですねw ちなみに狙うのはアークテリクス。アークテリクスの正規販売店は海外直送をしてくれない為(日本に正規販売店があるため)、個人輸入の場合、転送会社をかませる必要があります。ebayならば直送なのでこの手間賃も省けるのです。

 

早速ebayを調べまくります。狙うのはAlphaかBetaのSL(一番薄くて軽いもの)またはFLです。ゴアの新規格はPacLite(一番厚手のもの)のようで、SLならば今季の素材変更は無いようなので、型落品でも安くなればOKと考えました。

 

結構ありますが日本の正規価格の半額ですね・・・ 並行輸入価格だとちょっと安いだけかな。というかここで並行輸入でも良かったかなと後々思いましたがあとの祭りですw 見てみると、BETA FL$280というのがあります。かなり心動かされましたが、これ偽物ですね。Beta FLはピットジップが無いはずなのについてるし、ゴアの表記がXCRっておかしいです。偽物もやはりあるのですね・・・ ならば高評価の出品者でちょっと高くてもいいかなと思い(このあたりはもう金銭感覚がマヒしはじめています)、最終的にAlpha SL Hybridを購入することに決めました。買ってから気づきましたがBeta
ARと重さもそれほど変わらりませんねw まぁピットジップ付の薄手ハードシェルなので私の山行にはこっちの方がメインになりそうです。

 

定価は$350くらいなのですがebayで$319の価格設定です。ebayの面白いところは、BestOffer表示があれば、さらに設定価格(Buy it Now)を値切る(Best Offer)ことが出来るので、$319に対して$250を提示してみました。すると間もなく交渉成立のメールが。この時点で購入が確定となります。しかしここでビビりました・・・ $250であっさり交渉成立って大丈夫なのか?まぁ型落ちならあり得るかもだけど偽物かもしれないw また逆に考えると、もっと値切れたのかな?結局$250+$36(送料)で$286での購入となりました。真贋はその時に・・・多分大丈夫だとは思うのですが、本物でありますように・・・ 偽物だったら普段着だなw でも本物だったら毎回ここで買えるな!
ebay

 

ちなみにアークテリクスの真贋の見分け方は本家のHPに簡単なものが掲載されています。アークテリクスの始祖鳥マーク・ロゴ・ジッパー・縫製あたりのことが指摘されていますね。

 




 さて8日の日に注文を入れて、今日16日、ブツが届きました! 簡易包装でUSPSを使って送られてきました。土日はさんでるしこんなものかな?当初の予定通りです。ドキドキしながら開封すると・・・フム、まぁこんなもんでしょう。ビニールを外して取り出します。・・・しょぼいw SLなためなのか偽物なのかわかりませんがペラペラです。比較対象がBetaARなので余計にそう感じるのかもしれません。


では見て行きましょう。

ジッパーはYKK。ちょっと汚れているかな?気にしませんw

これは問題ないですね。

軽さ優先のSLはゴアテックスのパックライトで作られているのに対して、ハイブリッドは擦れる部分、ザック・脇の下により頑丈なプロシェル素材を使用しています。ですのでそこだけ色が違います。

脇下のピットジップ。止水ジッパーからして本物でしょうね。腕の肘あたりの立体裁断もキチンとされています。写真を撮り忘れましたが内張りのシームもBetaと変わりません。ちなみに隣にあるのが検証用に持ってきたBetaARですw

マーク・ロゴも問題なし。本物でしょう。

畳んでフード内に収納します。

最初あまりのペラペラ加減に驚きましたが、SLだからでしょう。ただこの生地直接肌に触れるとべた付きそうです。まぁ雨具のゴアもそうなんですが。着てみると夏場の雨ならこっちの方がまだ涼しいのかなと思いますが、昨今の暑さからすると出来ることならあまり着たくは無いですw BetaARはいつもパリパリ感があって「さすがハードシェル!」といった重厚感がありましたが、これは柔らかく軽快な感じです。実際の重さは若干軽いかな?程度ですね。 真冬の運用は無理じゃないかな。

というわけで、結局3シーズンの雨具として使っていくことになると思います。ちなみにこの色はCalieteなのですが、Webで見ても写真によってだいぶ色合いが違います。今回の写真は露出だけいじってありますが、見たままの色に近いと思います。限りなくオレンジに近い赤といったところでしょうか。

はじめてのebay利用ですが、まぁこれならいいんじゃないかな?もう山装備は殆ど揃っているので、次にいつ購入するのかはわかりませんが、次買う時も利用しても良いかなと思っています。でも3万円超えたら安心料考えて正規販売店(海外w)かなと思います。

私の登山ギアは殆どアークテリクスとパタゴニアなのですが、どちらも日本の代理店は高いですよね・・・ 8月いっぱい、パタゴニアが在庫入れ替えの30%オフセールをしていて、昨日行ってきましたが、以前買ったシャツと同じものが30%オフとか萎えますwまぁ色やサイズがもう無かったのでどうでもいいですが・・・あまり色などにに拘らないならパタゴニアはセールの時だけ買うのが賢いかも。アークは正規販売店が遠いし、横浜の販売店は品数が無いのと、町着にするようなものしか置いていないので、どうしても海外から買うことになりそうです。

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク