初冬の美ヶ原

夏頃、旧い友人から「温泉に行こう」とのお誘い。みんなの都合や仕事の絡みでなかなか行けなかったところに、以前から使わせていただいているホテル滝の湯からFAXが。

このホテル、もともとは蓼科スキーリゾートのホテルなのだけれど、北八ヶ岳の基地としてもなかなかの位置にあり(ロープウェイ乗り場の直下)、しかもコスパの良さが魅力で、閑散期はあらかじめ顧客にサービスデーの告知をしてくれます。私の場合、骨を折った蓼科登山が初めてで、そのあとスノーシューハイクで一度利用しており、なんだかんだお気に入り。

Tyuru折れるw 蓼科山
 「そろそろ行きますか?」いつも一緒に山に登るTさんのお誘いで蓼科・車山(霧ヶ峰)へ行くことになりました。新年になって仕事の方がバタバタして...

11月末に案の定滝の湯からFAXが来たので、即メンバーに連絡、12/1・2で行くことにしました。

友人は一人が川崎、もう一人が魔境群馬に住んでいるので(群馬の人ごめんなさい)、わたしが拾っていく感じで向かいました。せっかく蓼科まで行くので、登山には全く興味のない二人にも少しは雪山の美しさを知ってもらいたいということで、スキーウェアや私の登山道具を総動員してみたところ、私二人分雪山セットを持っていることを知り驚きましたw。これならば冬山登山装備二人とスキーウェア一人で、スノーシュー借りて坪庭と縞枯山くらいはいけるかな?と思っていたのですが・・・

いざ着いてみると北八ヶ岳ロープウェイは12/1から点検の為運休www Webなどで調べていたのにすっかり見落としていたっぽい。仕方なくホテルに入って温泉とお酒で昔話・近況報告などに花を咲かせました。

翌日、オッサン三人が遊ぶ場所を探すもなかなか決まりません。日帰り温泉巡りかドライブと思ったのですがあまりにもつまらない。そこで、装備はあるし、以前行ったことは行ったけれどガスで何も見えなかった美ヶ原を覗いてみることに。

GalaxyNote8で撮影

この時期ビーナスラインは冬季通行止め祭り。間違えて入った車山方面の休憩所で蓼科山と白樺湖。

引き返して、上田方面から美ヶ原へ向かいます。雪はほとんどありませんでしたが、1900mあたりから凍結路が少し出てきたくらいで、美ヶ原の起点となる山本小屋へ到着。

GalaxyNote8というかこれRX100より使い勝手がいい・・・

天気は快晴、風もほとんどなし。土曜日なので人であふれているかと思ったらほとんど人いませんでした。この時期に来るもの好きはいないのかもしれません。

PC020002.jpg

これ以降の写真はOM-D E-M1。拡大するとやはりスマホではダメダメなのですが、パッと見はスマホの方が・・・w

蓼科と八ヶ岳。この日に坪庭に入れればものすごく良かったと思うんだけど・・・残念!

PC020004.jpg

それでも同行の二人は喜んでくれている模様。アイスバーンもあるのですが、アイゼン無しでトボトボ歩いていきます。

PC020006.jpg

これ雪原だったら最高なんだろうな。それでも前回のガスだらけと比べたら別世界です。

PC020010.jpg

こんなにきれいなところなのね。気温は最低でマイナス7度でした。

PC020015.jpg

ほぼ水平移動だけで登れる百名山。山頂です。ここからの景色はテレビ塔が残念ではありますが凄かった。

PC020017.jpg

北アルプスも真っ白です。

PC020018.jpg

穂高、大キレット、槍、常念とくっきり見ることができました。しかも微妙に近いので迫力があってよかったです!

PC020020.jpg

八ヶ岳と富士山。

PC020021.jpg

ちょいと右に行けば南アルプス。

PC020022.jpg

友人を驚かせようと思っていたら、私が感動してしまいましたw 天候が少しでも荒れると、ここはアクセスも大変そうなのですが、この日は本当にラッキーでした。真っ白の時に来てみたい。

友人たちも満足してくれたようで良かった。登山をしない人には新鮮な経験だったのではないでしょうか。次回も感動できるツアーを企画しないと・・・

しかし購入から3年経っている私のスノーシュー、デビューはいつなんでしょうw

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク