カーオーディオ 初心者が、最短・格安・DIYで高音質を目指すまとめ

スポンサーリンク

必要工具

絶対必要な工具

ドライバ  中小できればマグネット付きな方がいいです。ネジ落とすと面倒です。
電工ペンチ使い方をきちんと勉強して使いましょう。いくつ端子を作ったことかw
内張はがしこれ便利です。何度はずしたことかw
ニッパー電工ペンチについていますが、専用はやはり使いやすい

あったら便利な工具

ワイヤーストリッパー数をこなすようになると、これあったほうが良いです
配線ガイド何度助けられたことか・・・
検電テスターいざというときは役立ちます。ヒューズ電源探したりアースポイント探したり。

あとは普通の工具セット、スパナ・メガネ・ラチェットがあれば対応できます。

バッチョク線のカシメですが、ダウンローさんで電線を購入すれば、カシメた状態で送っていただけます。便利です。

ちなみにユニットにお金をかけるなら、先に工具きっちりそろえたほうが良いと思います。沼を渡り切るには工具必要だと思います。

始めちゃえば難しくありません

基本的にはフロントパネルとドアの内張はがしができればは遊べちゃいます。ばらし方はネットでいくらでも出てきます。車はちょっと複雑なプラモデルみたいなもので、自分でばらすと「これよくできてるなぁ」と感心します。あとは必要なケーブルやテープ類ですが、この辺りはホームセンターで揃います。配線関連はほとんどAmazonかイエローハットのエーモン製品で済ませました。ちなみに高級線材や端子、ぶっちゃけ音が悪くなるんで手は出さないでいいです。そういうレベルになっていませんw

怖いのはやはりバッ直関連。デッキなどはエーモンの配線セットで対応できますが、容量の大きなアンプを積む場合は、かなり太い線に大容量の電流が流れますから、プロに頼んだほうが良いでしょう。DIYでやる場合は自己責任、最悪車が燃えます。バッテリーのマイナスを外す・適切なヒューズを使う・絶縁処理をきちんとするなど、細心の注意が必要です。車の場合雨でドア内には水が入りますから、スピーカーの絶縁にも気を付けてください。私のようにヒューズ飛ばして四苦八苦することの無いようにしましょうw

あと私が気を付けたのは不必要に分岐を作ったり、不必要に太い線、あるいは細すぎる線は使わないように心がけました。シンプルで適正な配線が必要です。システムに繋げられる(推奨される)一番太い線を使うことと、無駄な分岐を減らすことが大事です。これは音質アップにもつながるそうです。

作業上の注意点

よくやった失敗は・・・

・ギボシのカバーを入れ忘れる

最初の頃はこれ多かったです。絶縁の為に必要です。忘れたら絶縁テープでw

・ギボシのオスメスのルールを決める

プラスから来た線の末端はメスです。

・ギボシのカシメはしっかりと

引っこ抜いたらギボシごと取れてしまうなんてよくありました。きちんと取り付けましょう。ギボシはお徳用パックがあったほうが良いです。

・あちこちキズが付くw

私は養生とかしないので、デカいキズこそないモノの擦りキズはありそう。まぁキズに関してはそこまで神経質ではないので、気にしませんが。最初はものすごく気を使いました。一箇所キズ付けばどうでもよく・・・

・接点ポイントの接続が曖昧というか中途半端でキチンと繋がっていない

これ一番多いです。今でもよくあります。「なんか音が変だな」と思うとたいがい接続不良とか勘違いしています。

・最大の失敗はメインヒューズ飛ばしたことですかね・・・これは素で焦りましたw

総括

反省文

カーオーディオはホームにはかなわないといわれていますが、これだけお金と時間をかけたらホームでは味わえない良さがあることがわかりました。家でじっくりというのもマンション住まいの私には無理。やはり一人でじっくり聞くには車って最高です。便利な時代で、Google Play Musicなどのクラウドプレーヤーがあれば曲は無限。状況に合わせて好きな音楽を楽しめるってのは、一人遊び大好きな私にはもってこいですw

また、自分で作りあげた音を他の人が気に入ってくれるのも嬉しいです。先日、タブレットを繋いで、車の中で映画を観たら、その音響のすごさに自分がびっくりしました。また娘から珍しくも「アウディよりXVの方が全然音良いね!」貰いましたw

DIYにハマり、システム更新に(パーツの乗せ換え)に凝っているときって、WEBでレビューを読み漁り、ニューアイテムを買っては取り付けて、出てくる「音」に一喜一憂し、音楽はほとんど聴いていませんでした。曲のポイントだけ聞いて次の曲って感じです。ところが、ある程度まとまってくると、パーツよりも「もっと録音の良いCD」とか「思い出の楽曲」を探し聴き直すなど、「音楽」を楽しめるようになります。特に前方定位が出て、ダッシュボード上に音楽が浮かび上がってからは、DIYの欲求は驚くほどなくなり「もっとこんな音楽が聴きたい」とか「気持ちいい音楽を知りたい」とに対する欲求がガラッと変わってきます。自分でも沼から抜け出た感がありますw 音楽をかけていて鼻歌が出てきたら、いい感じになってきている証拠です。

だらだらと書き連ねてきましたが、自分でやってみようという方にはそれなりの方向性が見えたでしょうか? ちょっと深いところまで触っていますが、まず「4スピーカーで前方定位を出す」が最重要通過点です。

ネットは素人DIYの味方

ちなみにこの反省文の多くは一にも書いたYahoo知恵袋で質問して、いろいろ教えてくれた方(Aさん)の受け売り7割と反省3割です。私のような何もわかっていない初心者は、いい音の定義や経験が無いので五里霧中でいじります。が、どうにも自分で対応しきれないとき、何すればいいのかわからなくなったとき、その方に知恵袋で質問すると、答えは教えてくれないけれど、方向性は教えていただけます。辛口ですがw これが苦しくも楽しく、にハマり込んだ理由でもあります。

今でもいろいろなwebページやレビューを眺めていますが、以前のようにまるまる信じることは無くなりました。「これはないだろ」「この人の話面白いな」「これやってみるかな」とか生意気にも上から目線で記事を眺めている自分に驚きます。 カーオーディオにハマり始めた頃には「みんカラ」などで「うぉスゲーシステムだ!凄そう」とか「この人の車、理想だな。羨ましい!」なんて思っていました。「これ買えばよくなる!」とよくわからないまま信じ込んでいました。しかし今では「これはまだ早いな」とか「このシステムはちょっと違うな」とか、時には「私のXVの方が上だな」とかなり上から目線になってきています。

最近ミンカラのカーオーディオのオフ会に参加するようになりました。みなさんDIYでそれはそれは高級なパーツを使っている方もいれば、できる限りコストをかけずに頑張っている方もいて、いろいろなシステムの音を聴けて非常に楽しいです。ただ私が目指すような音を出している車はほんの少ししかいないかな。ツィーターが足元の人はほぼいないのが私のアウェイ感を際立たせますw でもマニアならはの知識を仕入れられるのが面白いです。機会があればこういったオフ会を覗いてみると勉強になりますね。そしてこの出会いから更なる知識が手に入るというのがでかいです。

終わりはありません・・・

今回の記事の内容は、パッと見たいしたことないかもしれませんが、実は結構深いですよ・・・ これができているといないとではその後の進化速度は大違いです。

しつこいですがカーオーディオの良しあしを判断するのは最後は自分です。レビューが評価高かったから、人に勧められたから、Webに書いてあったからという理由でアレコレ買い漁るのはほぼ無駄です。私なんて良いもの買ったはいいけど、今となってはほぼ使っていないという無駄の極み・・・でも紆余曲折して今の音は人がどうこう言おうと最高です!

私の現状のシステムはこちらになります。だいぶ進化していて、この記事とはずれている部分もありますが。基本コンセプトは変わっていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました