カーオーディオ 初心者が、最短・格安・DIYで高音質を目指すまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

必要工具

絶対必要な工具

ドライバ  中小できればマグネット付きな方がいいです。ネジ落とすと面倒です。
電工ペンチ使い方をきちんと勉強して使いましょう。いくつ端子を作ったことかw
内張はがしこれ便利です。何度はずしたことかw
ニッパー電工ペンチについていますが、専用はやはり使いやすい

あったら便利な工具

数をこなすようになると断然あったほうが便利です

何度助けられたことか。プライスレスの便利さw

created by Rinker
エーモン(amon)
¥550 (2020/09/18 01:26:20時点 Amazon調べ-詳細)

いざというときは役立ちます。ヒューズ電源探したりアースポイント探したり。

あとは普通の工具セット、スパナ・メガネ・ラチェットがあれば対応できます。

バッチョク線のカシメですが、ダウンローさんで電線を購入すれば、カシメた状態で送っていただけます。便利です。

ちなみにユニットにお金をかけるなら、先に工具きっちりそろえたほうが良いと思います。沼を渡り切るには工具必要だと思います。

始めちゃえば難しくありません

基本的にはフロントパネルとドアの内張はがしができればは遊べちゃいます。ばらし方はネットでいくらでも出てきます。車はちょっと複雑なプラモデルみたいなもので、自分でばらすと「これよくできてるなぁ」と感心します。あとは必要なケーブルやテープ類ですが、この辺りはホームセンターで揃います。配線関連はほとんどAmazonかイエローハットのエーモン製品で済ませました。ちなみに高級線材や端子、ぶっちゃけ音が悪くなるんで手は出さないでいいです。そういうレベルになっていませんw

怖いのはやはりバッ直関連。デッキなどはエーモンの配線セットで対応できますが、容量の大きなアンプを積む場合は、かなり太い線に大容量の電流が流れますから、プロに頼んだほうが良いでしょう。DIYでやる場合は自己責任、最悪車が燃えます。バッテリーのマイナスを外す・適切なヒューズを使う・絶縁処理をきちんとするなど、細心の注意が必要です。車の場合雨でドア内には水が入りますから、スピーカーの絶縁にも気を付けてください。私のようにヒューズ飛ばして四苦八苦することの無いようにしましょうw

あと私が気を付けたのは不必要に分岐を作ったり、不必要に太い線、あるいは細すぎる線は使わないように心がけました。シンプルで適正な配線が必要です。システムに繋げられる(推奨される)一番太い線を使うことと、無駄な分岐を減らすことが大事です。これは音質アップにもつながるそうです。

作業上の注意点

よくやった失敗は・・・

・ギボシのカバーを入れ忘れる

最初の頃はこれ多かったです。絶縁の為に必要です。忘れたら絶縁テープでw

・ギボシのオスメスのルールを決める

プラスから来た線の末端はメスです。

・ギボシのカシメはしっかりと

引っこ抜いたらギボシごと取れてしまうなんてよくありました。きちんと取り付けましょう。ギボシはお徳用パックがあったほうが良いです。

・あちこちキズが付くw

私は養生とかしないので、デカいキズこそないモノの擦りキズはありそう。まぁキズに関してはそこまで神経質ではないので、気にしませんが。最初はものすごく気を使いました。一箇所キズ付けばどうでもよく・・・

・接点ポイントの接続が曖昧というか中途半端でキチンと繋がっていない

これ一番多いです。今でもよくあります。「なんか音が変だな」と思うとたいがい接続不良とか勘違いしています。

・最大の失敗はメインヒューズ飛ばしたことですかね・・・これは素で焦りましたw

総括

反省文

カーオーディオはホームにはかなわないといわれていますが、これだけお金と時間をかけたらホームでは味わえない良さがあることがわかりました。家でじっくりというのもマンション住まいの私には無理。やはり一人でじっくり聞くには車って最高です。便利な時代で、Google Play Musicなどのクラウドプレーヤーがあれば曲は無限。状況に合わせて好きな音楽を楽しめるってのは、一人遊び大好きな私にはもってこいですw

また、自分で作りあげた音を他の人が気に入ってくれるのも嬉しいです。先日、タブレットを繋いで、車の中で映画を観たら、その音響のすごさに自分がびっくりしました。また娘から珍しくも「アウディよりXVの方が全然音良いね!」貰いましたw

DIYにハマり、システム更新に(パーツの乗せ換え)に凝っているときって、WEBでレビューを読み漁り、ニューアイテムを買っては取り付けて、出てくる「音」に一喜一憂し、音楽はほとんど聴いていませんでした。曲のポイントだけ聞いて次の曲って感じです。ところが、ある程度まとまってくると、パーツよりも「もっと録音の良いCD」とか「思い出の楽曲」を探し聴き直すなど、「音楽」を楽しめるようになります。特に前方定位が出て、ダッシュボード上に音楽が浮かび上がってからは、DIYの欲求は驚くほどなくなり「もっとこんな音楽が聴きたい」とか「気持ちいい音楽を知りたい」とに対する欲求がガラッと変わってきます。自分でも沼から抜け出た感がありますw 音楽をかけていて鼻歌が出てきたら、いい感じになってきている証拠です。

だらだらと書き連ねてきましたが、自分でやってみようという方にはそれなりの方向性が見えたでしょうか? ちょっと深いところまで触っていますが、まず「4スピーカーで前方定位を出す」が最重要通過点です。

ネットは素人DIYの味方

ちなみにこの反省文の多くは一にも書いたYahoo知恵袋で質問して、いろいろ教えてくれた方(Aさん)の受け売り7割と反省3割です。私のような何もわかっていない初心者は、いい音の定義や経験が無いので五里霧中でいじります。が、どうにも自分で対応しきれないとき、何すればいいのかわからなくなったとき、その方に知恵袋で質問すると、答えは教えてくれないけれど、方向性は教えていただけます。辛口ですがw これが苦しくも楽しく、にハマり込んだ理由でもあります。

今でもいろいろなwebページやレビューを眺めていますが、以前のようにまるまる信じることは無くなりました。「これはないだろ」「この人の話面白いな」「これやってみるかな」とか生意気にも上から目線で記事を眺めている自分に驚きます。 カーオーディオにハマり始めた頃には「みんカラ」などで「うぉスゲーシステムだ!凄そう」とか「この人の車、理想だな。羨ましい!」なんて思っていました。「これ買えばよくなる!」とよくわからないまま信じ込んでいました。しかし今では「これはまだ早いな」とか「このシステムはちょっと違うな」とか、時には「私のXVの方が上だな」とかなり上から目線になってきています。

最近ミンカラのカーオーディオのオフ会に参加するようになりました。みなさんDIYでそれはそれは高級なパーツを使っている方もいれば、できる限りコストをかけずに頑張っている方もいて、いろいろなシステムの音を聴けて非常に楽しいです。ただ私が目指すような音を出している車はほんの少ししかいないかな。ツィーターが足元の人はほぼいないのが私のアウェイ感を際立たせますw でもマニアならはの知識を仕入れられるのが面白いです。機会があればこういったオフ会を覗いてみると勉強になりますね。そしてこの出会いから更なる知識が手に入るというのがでかいです。

終わりはありません・・・

今回の記事の内容は、パッと見たいしたことないかもしれませんが、実は結構深いですよ・・・ これができているといないとではその後の進化速度は大違いです。

しつこいですがカーオーディオの良しあしを判断するのは最後は自分です。レビューが評価高かったから、人に勧められたから、Webに書いてあったからという理由でアレコレ買い漁るのはほぼ無駄です。私なんて良いもの買ったはいいけど、今となってはほぼ使っていないという無駄の極み・・・でも紆余曲折して今の音は人がどうこう言おうと最高です!

私の現状のシステムはこちらになります。だいぶ進化していて、この記事とはずれている部分もありますが。基本コンセプトは変わっていません。

この記事をもうちょっと具体的にした「まとめ2」も書いてみました。

コメント

  1. YUU@福岡 より:

    はじめまして。
    PHASSのスピーカーを検討していて、貴HPに辿りつきました。
    失敗も成功も正直に書いてあって、とても好感が持てましたし、たいへん参考になりました。
    ありがとうございます。
    私のつたない経験と照らしても、ここに書いてあることは『そういえば!』と
    合致したり納得できたりすることばかりです。
    それをこうして惜しげもなく文章にされていることにも尊敬の念を持ちました。

    私自身も3年前からカオデに復活(2、30年ぶり)したところです。
    仕事が忙しかったこともあり、賞を取ってたり雑誌に投稿している有名店に任せました。
    ところがこれが大間違いで、ここでは書けないような酷い店でした。
    やむなく自分で、昔の勘とネットの情報を頼りに『鳴る』ことを、目標に研鑽しています。

    またおじゃまします。
    失礼いたします。

    • tyuru tyuru より:

      カーオーディオの世界は目に見えないものを評価しあうので、賞を取ったからすごいとか、雑誌に出ているからすごいというのはあまりあてにならないですね。
      自分がよくわかっていない時は「なんか凄そうだ!」とか「これが本物の音なのか!」と思うのですが、今となってはそのうちの9割は「ん〰w」な印象です。

      実際にいろいろな車を聴いて回るのは時間も労力もかかるので一朝一夕にはいかないですが、できる限りいろいろな音を聞いてみるのが一番いいのかもしれません。
      そして何よりも大切なのは自分の感覚を磨いて信じることかなと思います。

      私の記事は師匠に教わりながらやってきたことの備忘録でもありますが、DIYでやれば誰もが悩むであろう部分は一通り失敗してきているので、参考になるかもしれません。
      私にわかることならばアドバイスできますので、何かあったらコメントでもメールでもいただければと思います。

      考えて、手を動かして、反省して、また考えての繰り返しなのですが、その積み重ねが多ければ多いほど音は進化して、種や仕掛けがわかっていくので、本当に面白い趣味だと思います。頑張りましょう!

  2. YUU@福岡 より:

    こんばんは。
    お言葉に甘えてアドバイスをお願いできないでしょうか?

    デッドニングを剥がすべきか否か悩んでいます。

    鉄板に取り付けているのなら迷わず剥がすのですが、
    ドア内側の内張りに10cm スピーカーが取り付けられているのです。
    内張りは主に樹脂製で表側には人工皮革が貼られたものです。
    しっかりデッドニングした、おそらく2日ほど掛かるであろう
    剥がす手間を考えると、なかなか手を付ける気持ちになれません。
    (先々週、SUB車の『超』簡易デッドニングをキレイに剥がすのに
    2時間くらい掛かりました。)

    背中を押して頂きたい気持ちと、
    出来るだけ短時間で剥がすテクニックが有れば教えて頂きたいです。

    現在、運転席でも助手席でも目の前に定位(緩めですが)しており、
    ステージはドアミラー外くらいまでは広がっています。
    まれに音源によっては高音が上から降ってくる感じが楽しめます。
    ただ、完全にスピーカーの存在が消えないことも多く、
    もっと音を飛ばすにはデッドニングOFFは必要だと感じています。

    私もtyuruさんと同様、助手席でも『良い音やね!』と喜ばれることを
    目標として、錆付いた知識のDIYで今年から再セッティングを始めました。
    tyuruさんが上げておられる動画と比べると、私のクルマは響きがかなり少ない印象です。
    他にも及ばない点ばかりですが、そこが一番印象に残りました。
    もっと音を飛ばすことが出来れば、そのような響きが得られるのではないかと
    思っています。

    よろしくお願いいたします。

    • tyuru tyuru より:

      私も軽くレジェトレックスでデッドニングをしていました。コレを剥がすのは気合いと根性と熱かなw パーツクリーナーをかけまくって剝がしましたが、接着のゴムがガンガン溶けて物凄く汚くなりました(見えないから良いのですが)。剥がすならヒートガンを使うか暑い日にやるのが良さそうです。でも暑い日だと脱水症状起こしそうですねw デッドニング剥がしに王道は無いと思います・・・
      ただ接着剤が残っててもOK。テキトー大事です。

      私がアドバイスした方も皆さんかなり苦労されて剥がしていましたが、その後の出音に驚愕して「デッドニングって何の意味があるんですか」と一様に質問してくれるのですが、やはりドアの閉まるときの音が高級になるのと音漏れがなくなると言うところくらいではないかなと思いますw

      ちなみに車種にもよりますが、デッドニング無しで前後で鳴らすと、車全体が鳴ります。もちろん天井からも鳴るわけで、こうなると球体の中で音楽を聴いているような状態になります。すごい車だと最も低い音はフロア下、地面から出てきて、高音は天井を突き抜けて出ていく感じになりますが、ここまでできている車は4台しか聞いたことがありません。仙人3人と私・・・

      遅かれ早かれ、剥がすことにはなるので、気分が乗った時にやるしかないです。でもそこまで音が飛んでいるのなら急ぐこともないかもしれません。

      私の響きに近づけたいなら全剥がしですw 私が剥がした時の日記によるとビビリがなくなってステージの広がりに驚嘆していますね。

      頑張ってください。テキトーでいいですよ!

  3. YUU@福岡 より:

    こんばんは。
    今日昼前から意を決してデッドニングを剥がしました。
    5~6時間掛かりましたが、なんとか外が明るいうちに済ますことが出来ました。
    デッドニングを剥がしたら、
    スピーカーの音量レベルがすごく下がりました。
    事前の想像では、振動が増えてレベルが上がると考えていましたが、想定外でした。
    そんなモンでしょうか?
    今までデッドニングする事は何度かありましたが剥がすのは初めてで戸惑っております。
    ともあれ、『テキトーでいいですよ!
    』って言ってもらえたのでチャレンジ出来ました。
    ありがとうございました。
    これからセッティングを詰めてみます。
     
    あ~指先が痛いw

    • tyuru tyuru より:

      お疲れさまでした。デッドニング剥がしは本当に苦痛ですよね。しばらくは指先が黒い日々ですねw

      デッドニングの程度にもよると思いますが、遮音されていたなら、音量が下がるというより外部の音が入ってくるとかのバランスで音量が下がったと感じるんじゃないですかね。

      音の飛び具合とか全体のバランスはどう変わりましたか?

  4. YUU@福岡 より:

    こんばんは。
    正直、音飛びはあまり変わりませんでした。これは期待はずれでした。
    しかしステージは広がりましたし、なんか響きが大きくなりました。
    低音がボアンボアンするのではないかと心配していましたが、
    問題ありませんでした。
    デッドニングを施工したときは、『いい感じ』って思ってたんですけど(苦笑)
    また、当時ドアパネルにビビリが出ていたのでデッドニングしたのですが、
    今回デッドニングを除去してもビビリは再発しませんでした。
    ビビリが収まったのは、デッドニング後にアンプを追加したので、そのおかげかもしれません。
    ともあれちょっとだけ音が良くなったのは間違いないです。
    デッドニングって、何なんですかね?w
    tyuruさんに背中を押してもらってよかったです。
    ありがとうございました。

    いろいろな曲を聴いて、もっとセッティングを詰めてみます。

    調子に乗って、足車のKENWOODアンプ内蔵デッキとパワードSUBをバッ直してみました。
    音が太く、良く響くようになって、その効果の大きさに満足しました。
    ボロい車ですからハードルが低いので、こちらはちょこちょこヤっております。
    もちろんtyuruさんの愛車とは全然比較になりませんが、足車は結構『鳴る』んです。
    (音質はダメダメですが。)
    Main車のショップで組んだシステムが、足車の『音楽』に遠く及ばなかったのが、
    今回Main車のオーディオを見直すきっかけとなりました。
    もっと精進していきます。
    重ねて、ありがとうございました。

  5. Kand より:

    はじめこんにちは。

    興味深く拝見させて頂き、眼から鱗で驚かされるばかりでした。
    貴重な情報を開示してくださりありがとうございます。

    当方2台車を所有しており、片方は総額100万を超える投資をおこない、もう片方は何もしていない純正のままです。
    しかし純正の方が音の質はともかく、音が飛んで包み込まれる感じがあり、これまで理由がわかりませんでしたが、この記事を読んでようやく理解できました。

    それでデッドニングしているもう一台の方を剥がそうと思いますが、すでにアウターバッフルを組んでしまっています。それでも効果は少しは望めますでしょうか?

    またインナー側は撤去するとして、アウター側(ドアの外側)の外からの振動を抑えているものも撤去する方が良いのでしょうか?

    お手数をおかけしますがご教授願えれば嬉しく思います。

    • tyuru tyuru より:

      はじめまして。100万のシステムとなるとちょっと怖いな・・・もったいないし・・・ 車種は何でしょう。輸入車の場合はかなり手ごわいです。

      Kandさんの場合、実物を見ないと何とも言えませんが音が飛ばない要因としてはデッドニングとアウターバッフル。
      特にアウターバッフルは土管にきっちりサイズのスピーカーだと、何しても音は飛ばないというかまず鳴りません。音色はいいですが音楽にはならないかな。
      なのでデッドニングを剥がしても鳴ってくれない可能性があります。どこかのショップで施工されているならDSPで今風の鳴らし方をした方が早いかもしれません。

      もしデッドニング剥がす場合は全剥がしが良いです。みなさんアウターパネル側を悩みますが、過去この手の質問をくれた人はなんだかんだで全剥がしで天国へ逝っていますw
      ただやはりアウターが悪さをする可能性は否めません。私のやり方の場合、ドアは軽くスピーカーの振動をできる限り車体に伝えることが前提です。

  6. Kand より:

    ご返信ありがとうございます。
    当方車種はカローラフィールダーです。
    全て自作でやっておりますので、音が飛んでないのは自分の腕の悪さも拍車をかけているような気がします。

    アウターパネルのデッドニングも剥がしてみます。
    自作なのでそこまで負担ではありませんので。
    アウターバッフルはスピーカーの動きを考慮にいれて36mm厚にし、内径を拡大加工したスピーカーホールまでテーパーで広がるようにしています。
    土管よりはマシだと思いますが、どれほど影響するのかは未知ですよね・・・
    また時間とれた時に作業してみようと思います。
    希望が持ててワクワクする事ができ感謝です。

    • tyuru tyuru より:

      アウターは私自身組んだことが無いですが、背圧の抜けができていればそれなりになるはずです。
      できればスピーカーグリルをつけた方がいいですよ。拡散によってスピーカーの位置がわかりづらくなります。
      腕前はショップでも微妙なところ多い(ほとんどかも・・・)ので気にしない!Web情報や雑誌などの情報はテキトーというか「ほんとにそれ実践して良くなってるの?」みたいなのばかりですから仕方のないことです。それに気付いて動けるかの方が大事ですよ!
      ちょっといい純正(苦労はちょっとどころでは無いのですがw)目指して頑張ってください。

  7. Kand より:

    ご親切にありがとうございます。
    スピーカーグリルの件も了解しました。

    また施工終わりましたらご報告させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました