カーオーディオ 初心者が、最短・格安・DIYで高音質を目指すまとめ

私自身いろいろな車に乗ってきて、メーカーお薦めの「なんたらサウンドシステム」というのはほとんどの車で装着していました。その結果私が感じたのは「カーオーディオは限界が低い」ということです。ウン十万円のシステムだけど、そんなに良くないんじゃね?という感覚が拭えませんでした。

今乗っているスバルXVは「自分で出来ることはすべて自分でやる」というコンセプトで乗っていますが、その中で意外にもハマってしまったのがカーオーディオ。Web情報に踊らされ、悩み続け、毎日いろいろなレビューを読み漁ってはパーツを交換、それでも納得できることはほとんどありませんでした。「所詮カーオーディオは・・・」と思っていたところで見つけたのがYahoo知恵袋の記事。元々カーオーディオでブイブイいわせていた方が(今は表には出ていない)、私のような初心者にアドバイスをくれる記事でした。「そんな安物でいい音になるわけないだろ」と思いつつも、藁をもすがる気持ちで、そのアドバイスに倣ってみたところ、これがほんとビックリするくらい音が良くなり(車の中で独りにやけるレベル)、そのままズブズブとハマっていったわけです。そして今では「音楽を聴くなら車の中が一番」となっています。

この記事はそうして出来上がったシステムの、理論と方法をまとめてみました。「何にも分からないけれどやってみようかな」という人へのヒントになればと思います。最初からショップで組んでもらおうという方には何の意味も無い記事になります。しかしこのDIYでできたシステムはそこらのショップでは出せない音だと思います。実際何度か超高級システムを聴きましたが、音色はよくとも「所詮カーオーディオ」というものが多すぎます。

かなり世間の流れとズレます。正反対ともいえます。初心者DIYといってもDIYにもならないかもしれません。

対象はカーDIY初心者で、車に前後4スピーカー設置できる人。私がそうなのでそれ以外はわかりませんw

スポンサーリンク




はじめに

カーオーディオを始める際に、まず初心者が考えるのは純正システムから市販システムへの交換。もちろん私もそうでした。でもちょい待ち!それが危険。

スピーカーを変える 音が良くなる

デッドニング 音が締まる

アンプ 音に元気が出る 繊細な音まで再生される

サブウーファー追加 低音が出る

これが一番の問題点。「音」が良くなるのであって「音楽」のバランスは悪くなります。「お金かける・手間をかける=よくなってもらわないと困る」という気持ちが、どんどん音楽のバランスを崩していきます。

車を購入して最初の純正の音、XVは最初「音が良い」と感じたけれど、慣れてくると高音がきつく、音量を上げるとドアからビビリが出ていました。まずシステムをいじる前に、素の状態で一番いい音を目指すべきです。今ならツイーターを殺してビビリだけ抑えればそれで満足してたのかもと思います。純正システムの音はなんだかんだで60点くらいは出ていると思います。

初心者はとりあえず「あれ買ってこれ買って」と物欲のままにシステムを入れ替え、次にイコライザー・タイムアライメント・RTA測定なんてのをいじり始めますす。私ももちろん全部やりました。無駄です

デッキのイコライザー、あんなに調整できても迷惑です。その時良くてもすぐ再調整です。タイムアライメント、一瞬よくなったと思うし、おぉ!っと思いますが、スケールが落ちるだけだと思います。楽ナビのTAは私が大ハマりした諸悪の根源です。デジタルによるごまかしと考えましょう。ごまかしは言い方悪いけれど、まぁごまかしだよな・・・ 運転席の人はスケールの小さな音で満足、助手席や後ろ席の人はいい迷惑です。一人で乗っていても、何人乗せても「素敵な音楽」の流れる車の方がいいと思いませんか?お金かけるんだから、みんなに喜んでもらいたいし、褒められたいものです。

「お金と手間をかけたから当然よくなっている」誰もが思います。私も思っていました。しかしそんな甘い話ではありません。基本的には初心者がいじる=改悪です今思えば私のXVも一通りいじった後はズタボロでしたw

でもポイントを押さえて施工すれば、純正では出せない音楽を楽しめるような車にすることができます。そのポイントを書いていきたいと思います。

カーオーディオ初心者は、ここから先をネタと思いつつ信じてみるのもアリだと思います。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク