カーオーディオ 初心者が、最短・格安・DIYで高音質を目指すまとめ

スポンサーリンク




音質の向上

定位は出た。次は音質追及です。ここではじめてシステムの交換になってきます。何度も書いていますが・・・

  • Webの情報は話半分にしておいた方がいいです(この記事もです)。特に音楽は最後は個人の感覚なので、レビューに賛否両論あるように、人によって捉え方が違ってきます。悲しいかな人の性、高いもの=いいものという考えから、高価なものは良いとされがち。しかし、こと音楽に関しては価格=高音質ではありません。そもそも、車の形状が皆さん違うので「この人が良いといっているからいいはず」なんて無理ですw
  • ちなみにWeb情報に溺れた私の経験からすると、カーオーディオには凡そ二つの方向性があります。ひとつはデッドニングガチガチ、様々な機器を駆使してホームオーディオに近づけるタイプ。ピラーにツィーター埋め込んでアウターバッフル、フロント3Wayとか、見た目がカッコいいです。DSPや高級機材を駆使するなど、物量で攻めていく感じ。沼の底まで見ることができるかもwもうひとつはアナログでデッドニング無し、振動を使って車全体を鳴らすタイプ。見た目は純正。地味です。ハッキリ言って貧乏くさいかもしれません。最後は物量になるかもしれません。でも沼をはい出て海にたどり着けるかも・・・どちらが正しいという訳ではなく、その人の求める方向性に依ります。Web情報は大半が前者で、このブログを含めた少数派が後者です。あなたの読んでいる記事がどちらのタイプか見極めて情報の取捨選択をしたほうが良いです。

    一番まずいのはWeb情報を集めまくっておいしいところどりや最大公約数的なシステム作りをしてしまうこと。まずボロボロでしょうw

  • 私がおすすめするのはアナログシステムでいい音を目指して、基礎を学ぶこと。周波数・クロスオーバー・ゲイン、上を目指せばいくらでも未知の壁は出てきます。デジタルならばこれをボタン一発で飛び越えられるかもしれませんが、仕組みが分かっていないと、それ以上にすることが困難です。ちなみにアナログで出した前方定位の音は楽ナビのTAでは絶対に出せません。断言できます。
  • いじる際はどこか一箇所だけ。そこでじっくり聴き込んでメモを取っておくとあとあと応用が利きます。このメモがさらなる高みを目指すうえでの財産になります。

自分で書いていて偉そうですが、今回ばかりは書かせてください。自分で経験して「その通りだ」と確信しています。

さて、DIYですが、一般にはデッドニング・スピーカー>アンプ>ヘッド>DSPという感じなのですが、これ最後にデジタルでまとめている(誤魔化している)だけですよね。私はこの流れに乗っかって大ハマりしました。まぁ9割くらいの人はこれでハマってますねw

おすすめのいじる順番は入り口から。ヘッド>アンプ。おまけでその他、かな。バッテリーやケーブルは最後というか、やらないでもいいレベル。スピーカー?最後でいいです。いやいやという方はクラリオンのSRTシリーズ。

ヘッドユニット

ここが間違っていると、まず音質追及は遠回りになります。スピーカーはヘッドから出た音をいかに忠実に再生するかのパーツです。スピーカーごとの特性はあるわけですが、音の根源(ヘッド)がダメならばスピーカーから出る音もダメです。

お勧めメーカーはクラリオン・ケンウッド。評価は高いです。それ以外はお勧めしません。「楽ナビで充分だろ?」私もそう思っていました。ナビ機能はかなりいいです。今でも未練ありますw ただ音楽に関してはかなり弱いです。

今使っているヘッドがお勧めメーカーならそのままでいいと思います。それ以外なら変更したほうが簡単かな。ちなみに国産車のヘッドはパナソニックが多く、一般論ではカロッツェリア最強と思いがちです。私も思っていました。罠ですw この2メーカーの音がいい音と思う方はそのままでいいと思いますが、沼への直行便の可能性大。「そんなヘッドユニットごときで・・・」誰もがそう思います。カーオーディオはヘッドが一番重要ですよ?

※ちなみに上記のメーカーはおおよその判断です。中にはカロでも良い製品はあります。確率くらいに考えてみてください。

ヘッドを替える気がある人は、できればRCA3系統出力(フロント・リア・サブ)できて、デジタルクロスオーバーがついているものを探してみましょう。かなり遊べます。おすすめはケンウッドのI-K700。ナビはスマホです。中古で5000円くらいですが20万するナビでは出せない音が出てきます。ちなみに普及帯の1DINには当たりが多かったりします。

ナビヘッドならばケンウッドがいいかな。

「そんなこと言ったって車の仕様上、ヘッドは変えられないよ!」という人はアンプにスマホを直結させるとか、音楽系統はナビと切り離すことを考えたほうが良いです。1DINをどこかに仕込むとか、ラインドライバ(アンプ必須)入れてみるとか。

ちなみに今の時代だとBluetoothをメインで使いたくなりますよね。私はBluetooth大賛成派なのですが、音質求めるとBluetooth音質は薄いです。AptX対応デッキなら多少いいのかもしれませんが、これが大人の事情かほとんどありません。

私はなんとなく流すときはBTでこのヘッド。ひとりで聴き込むときはラインドライバへスマホからAUX接続しています。明らかにiphone出力でラインドライバ使ったほうが音が良いです。

音が本格的に飛び始めると音源は実質選ばなくなります。どんな音源でもきれいに奏でることが可能です。

アンプ

アンプは必須ではありませんがあるとないとでは音質に差が出ます。アンプは音の艶・明暗を引き出してくれます。

ただしアンプまでいじると、電源の引き直しが必要になってくるので、ショップに頼んだ方が無難かもしれません。私は電源のDIYもやりましたが、面倒だし、工具や知識がそれなりに必要になってきます。どこまで音質を追及するかで価格も変わってくるので、よく考えて一歩踏み出すか考えるべきです。

また、アンプはカタログスペックが良ければいいわけでもなく、素人にはわけわからないです。今はコスパの良いデジタルアンプが全盛ですが、おすすめしません。枯れたシステム=熟成されたシステムと考え、AB級アンプがいいでしょう。AB級は電気消費と音質のバランスがいいとされています。

どっぷりでもない限り、アンプは1枚が限度でしょう。私は4chを1枚です。RochfordFosgateT400-4をお勧めします。長い間銘機と言われ、評判もいまだにトップクラスなので、外さないと思います。アンプは中古はちょっと怖いので新品をお勧めします。

ライトユーザーならデジタルのコスパモデルGM-D1400「アンプとは何たるか」を垣間見ることができます。音が大きくなるだけですが・・・

スピーカー

アンプはまだいいや、という人はスピーカーですが、セパレートは何度も言うように素人には難しいです。で、よく見かける「純正位置にツイーターリプレイス」「ツイーターをピラーに埋め込み」は簡単そうだしカッコいいかもしれないけれど、超危険です。私自身セパに憧れて一時期使いましたが、カマボコで相当悩みました。腰より上にツイーターがあると、一見定位も出ているし「これでいいんじゃね?」となります。しかし音量を上げると定位は崩れかまぼこになり、さらにはキンキン音で耳が痛くなります。「そんなに音量上げないよ!」最初はそう思うんです。でも本当にいい音になってくると、知らず知らずにボリューム上げちゃうんです。

スピーカーのお勧めはクラリオンSRTシリーズ。3Wayコアキシャルです。フロントSRT1633か1033、リア1733S1633Sが良いです。ポイントはフロントを小さな口径で軽快に中高音を鳴らし、リアは低音重視、リアのツイーターはリアピラーで、バックミラーへ向けます。

このスピーカーめちゃくちゃ安いですが、ヘッドの音をそのまま出してくれます。いい音出すヘッドならいい感じで、ダメなヘッドだと残念な感じに。デッドニングしてはいけません。デッドニングは音飛びしなくなります。音が飛ばないと定位でません。今、既にやっちゃってる人は剥がせばわかります。実はすごい低音出ていますよ? 高音ものびのびですよ? 

素人だと最初にスピーカー交換とデッドニングをセットでやっちゃいますが、やめたほうがいいです。両方一緒にやると、それをスピーカーの音と思いがち。しかしそんなことはありません。私は少しだけデッドニングしていましたが、それでも剥がしたら、ものすごい低音と迫力でびっくりしました。

インナーバッフルもスピーカーに付属のものでOK。高級なバッフルとか自作とか必要ありません。車の仕様上どうにもならない場合はインナーバッフルの自作をお薦めします。

リプレイス後にビビりが出たらそこだけ制振材を貼り付ければいいでしょう。私は多少のビビり(ほとんどありません)は放置です。

既にフロントにセパレートを入れている人はツイーターを一旦外すか足元へ移設しましょう。ちょっとカーオーディオに慣れてくると、音場が狭いとか定位が低いとか生意気に悩み、それはスピーカー位置が低いからだと考えます。しかしきちんと前方定位ができていると、スピーカーの位置は足元でOK。ハモれば音場はググッと上に上がります。私の場合はガラスの真ん中やや右(ドライバー視点)にヴォーカルが来ています。高い音は上に低い音は下に自然と集まります。

できれば騙されたと思ってコアキシャルのSRTにしてみてください。SRTで前方定位や高音がきちんと上に来るのを理解して、それからセパレートに挑戦したほうが良いと思います。私はほぼ2年コアキシャルで最近セパにしましたが、ツィーターの方向で悩みまくり「こんなんで悩むならコアキシャルの方がいいや」となってコアキシャルに戻しましたw

ちなみに本命のスピーカーは最後の最後で良いと思います。ただSRTは10万以下で最強ともいわれていますので、親の遺言とか宗教上の理由でない限りSRTで良いと思います。今でもSRT1633をフロントに使っていますが、カオデオフに行って「スピーカーはSRT」ですというと、誰も知らない上に価格を聴いて驚かれます。

サブウーファー

サブウーファーがあると「ズンズンおなかに響くような低音で・・・」と思いますが、これ間違いです。アンプが別の、でかいサブウーファーならズンドコはできますが、うるさいです。サブウーファーの必要性はフロントドアスピーカーのサポート役。環境音を出してくれます。

音には基音倍音というのがあって基音がしっかり出て初めて倍音が載ってきます。サブウーファーでドアのスピーカーでは出せない低音を出すことで、その倍音が豊かになり、低音から高音まで満遍なく音が出るようになります。

普通の人はスペースの問題もあるのでパワード(アンプ内蔵)サブですよね。パワードサブの場合、運転席・助手席の下に置きたいところなのですが、そこに置くならパワードサブ必要ないです。私も案の定、助手席下でしたが、ネットの評判も相まって全然音がしないなと思っていました。

パワードといえど、設置はラゲッジ。運転席から遠いところがお勧め。実は失敗したと思っていた(音が小さいと思っていた)

">TS-WH1000Aも、現状ラゲッジでいい感じで鳴っています。私の場合ズンドコが欲しくてアンプと一緒にロックフォードのR1×12まで買いましたが、私が聴く音量だとそんなにズンドコしていないという衝撃の事実に気づきwTS-WH1000Aに戻していました。

https://tyuru.net/archives/53172427.html

常識的な音で聞く場合、サブウーファーは無くても充分聞けます。サブを積むと音域が広がるので音に深みが出ます。余韻とか響きとか、音に情緒が加わる感じです。パワードでもこれは出せるのですが、ユニットだとさらに豊かな音を出してきます。聞き比べたらその差は歴然。ユニットの方が音は良いです。

サブウーファーを使う場合は運転席からサブウーファーゲインをいじれるようにしておくと吉。大きめに鳴っているとお尻にムズムズきますが、この時サブウーファーの音量を絞っていくと「ムズムズ」が前に移動していきます。足元にムズムズが来る=前に低音がいっている、ということなので、足元に持っていくようにします。ローパスは高めでいいです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク